Phrygian cap & Crown SHOP 雑記

ブログ更新苦手なショップ職人兼店長が、意気込んで最低でも週一で何か書くぞ!と始めたショップブログ。

タグ:Case

台風は先の予報よりは、勢力が大きくならず・・・
でも、着々とこっちに近づいてる様子・・・

それでも、935ヘクトパスカルって・・・
強めだな!

どうか、家とアトリエがバラバラなりませんように・・・

先日、お問合せを頂いていた、韓国のお客様・・・

俺が英語が出来ないので、お断りしていたのだけど、
なんと!日本語でメールを送って来て下さいました。

日本にご友人がお住まいとの事で、そこに商品を送ってもらう事なら可能か?
との、ご依頼。

早速、こちらも、やっぱり日本語のメールで、仕事を受けさせていただく旨をお伝えし、
ご注文を頂ける事になった。

本当に、有難い事です。

んで、お客様のご希望の仕様で、カメラケースを制作。

今回は、ツァイスイコンのタクソナと言うカメラのカメラケース。

国内注文であれば、お客様にフィッティングテストの為に、
カメラ本体をお預かりするところだが、今回は、海外注文である為、
カメラのお預かりは出来なかった。

しかしながら、こちらも何度か制作した事のあるモデルなので、
慎重に制作させて頂いた。

DSC09882

DSC09883

ブラックレザーに赤いステッチがご指定の内容だったので、その様に制作。

(ご利用、ありがとうございました!)

本来、このモデルはアッパー部分は一枚革なので、ステッチは入れないのだけど、
黒糸ではなく、赤いステッチとご希望していたので、
勝手ながら、アッパー部分にもステッチを走らせた。

言葉が通じないって事は、本当に大変である。
お会いして、打ち合わせするのであれば、身振り手振りも出来るだろうが、
メールだけでは、それも叶わない・・・

それでも、精一杯の日本語メールを使って、お取引に応じてくださった。
本当に有難い事です。

(ちょいちょい、謎い日本語文とカタカナ表記の韓国語を放り込んでくださるので、ちょっと不安になる事もあったのだけど・・・)

俺、韓国名のお名前だけでは、女性のお客様なのか?男性のお客様なのか?ってのも良く分かってないのだけど・・・それでも苦手な日本語を使って、お心遣いのある文面も交えながらメールを下さった。

だから、俺も丁寧な仕事で応えたいと思いつつ、制作に取り組んだ。

それでも・・・度胸あるなぁ・・って思う。
大手通販会社とかに注文するんじゃなくて、無名の異国の小さなネットショップに、
しかも、希望が伝わるかどうかも分からないのに、オーダーカメラケースを注文する。

俺なら、欲しくても、諦めてしまう所だと思う・・・

異国から、言葉の壁を越えて、俺の手作りのカメラケースを求めて下さる・・・

本当に感謝しかない。

ありがとうございました!

台風が近づいて来てるので、制作も集中して、早く仕上げた。

発送も完了した。

お客様に気に入って頂ける事を願って・・・



koukoku

mixiチェック Clip to Evernote

ここ徳島も、ずっと寒い日が続いてる。

今年は徳島市の平野部でも積雪が・・・
早く暖かくなってほしい。

バイクもずっと乗ってないなぁ・・・・


ブログ更新も久しぶりな感じで・・・
何かとゴソゴソ、忙しくはしてるんですがね・・・

先日、お客様からオーダー頂いた、オリンパスPEN FTのオーダーケース。

R7066255

R7066252

黒のヌメ革の外装に内装は赤のヌメ革。
ステッチは赤でネジは燻し・・・

ちょい悪な感じがするのは俺だけかな?・・

お客様は、ブラックのPEN FT(希少種)にコイツをわせるとの事で・・・
更にカッコいいと思います。
(ご注文ありがとうございました!)


PEN Fのカメラケースで話のネタをもう一つ・・・

先日、ショップのメール問い合わせに、海外からお問い合わせが来た・・・
お客様はイタリアにお住いのイタリア人の方・・・

メールは英文で・・・
Hello
 I am interested in buying a half-case for Olympus Pen-F (no FT) in black leather with smoked fastening screw, which you produce.

 I live in Italy, so I kindly ask you if you can ship to my country and item+shipping would costs me.

 thank you


君が作って売ってるPEN F 用の 燻しネジで黒革のカメラケースに興味があるから、私はイタリアに住んでるけど、販売できるなら商品代金と送料を教えてくれ

って感じ。

まぁ・・この程度の英文なら、英語の出来ない俺でも、翻訳使わずとも理解できる。

しかしだ。

このメールに対して、返答する英文が、俺の脳みそには浮かんでこない。

んで・・俺の脳みそに浮かんできた英文が・・

sorry japanese only ・・と言う、日本人として恥ずかしい英文・・・

そんな時、横でそれを見ていた娘が・・・・

「この人、イタリアの人だろ?」
「イタリア人がイタリア語じゃなく英語で問い合わせて来てるのに、こっちもちゃんと英語でへんじしてあげたら?」

娘にぐうの音も出ない程、軽く、いさめられる・・・

んで、娘の協力を得て、このイタリアのお客様にウチのカメラケースを売る為のプロジェクトが発動する。
(とはいえ、娘も英文の制作に塾の先生と言う最強助っ人を投入してきたけどね・・)

どういう形で取引するのが、ベストか?
発送はEMS(国際スピード郵便)ならヨーロッパまで2200円で済みそうだ・・とか

とにかく、海外のお客様に商品を売った事がないもんだから、いろいろ調べてる。

DSC07692

イタリアのお客様に、
「販売する為の最善の方法を少し調べてみるから、ちょっと待ってください。」
と返事を送って・・もう一週間が経ってしまった・・・

早く対応しないと・・・

効率の悪い商売にモタモタと時間を割いてる自分が居る・・・

でも、コレがクリアできれば、海外販売の可能性も見えてきそうな気がする・・

さてこのプロジェクトに成功を収められるだろうか?・・


インターネットって世界に広がってるんだもんね・・・って
改めて思う。



koukoku

 
mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ