Phrygian cap & Crown SHOP 雑記

ブログ更新苦手なショップ職人兼店長が、意気込んで最低でも週一で何か書くぞ!と始めたショップブログ。

タグ:茶芯

正月、二月と日が経つのが、早い早い・・・

稼ぎは悪いけど、なにやら日々忙しくしております(苦笑

先日、古い友人から頼まれて制作した、春財布。

予算やら仕様やら、いろいろメッセージでやり取りして、(県外の友人)。
使用する革は、茶芯レザー(ヌメ革)で、
コンチョはインディアンニッケルで・・・みたいな・・・

んで、完成したのがコレ・・・

R7066973

R7066971

R7066969

容量タップリのトラッカータイプのロングウォレット。

茶芯がヤレてくれば、随分味のある財布になってくれるはず!

手縫いで制作したので、補修しながらでも、長く使って貰いたいなぁ・・・


縁起の良い春財布・・吉財布となります様に・・・・




koukoku




mixiチェック

うちのアトリエは、財布をあんまり売ってない。


作らない訳ではないが、財布だけは安いモノがネットの中に、沢山溢れてるから。

ネットで買うお客様からすれば、画像の品物が全てで、
何をどう拘っているとか、
どんな手間を掛けているだとか、
どんな材料を使っているとか・・・
手縫いか?ミシン縫いか?とか・・・

そんな事よりも、見た目と価格のバランスが良ければ、良いと言う人や、
人気ブランド品だから・・・って人が多いのかも・・・って思うから。

財布づくりはレザークラフトで言うなら、基本とも言えるし、
かといって、パーツ点数等も多く、丁寧に作れば、決して楽に作れるものでもない。

手間を掛ければ、非常に手間の掛けられる品物だと思う。

だから、基本的にオーダーを受けてからの制作が多くなる。

DSC07410

カスタムトラッカーウォレット・・・

丘染ヌメ(通称、茶芯レザー)で制作した、総手縫いの品。

DSC07415

正面のボタンコンチョに江戸時代の一分銀(天保一分銀)を贅沢に使用。

銀製のドロップハンドルも、アメリカの10セント銀貨での細工。

DSC07413

内側は、通常のトラッカーウォレットとは違い、
ラウンドファスナーウォレットの内部の様に、サイドマチでガバッと開く作り。
カードポケットが12枚、ライセンスポケットが一つ。
コインケースのジッパースライダーのつまみには、一朱銀を使う。

DSC07414

しっかり拘って、制作致しました。

長く、長く使ってこそ、味わい深くカッコイイ財布に変化していき、
買い換える事なんて考えず、補修しながらもずっと付き合いたくなる逸品です。


使っている材料からも、安い財布とはいきませんが、
自分の持つ物に拘る方には、お勧めできる品物です。

あとは、カスタムウォレットチェーンを制作する予定。

まだまだ、少々時間が掛かります。


茶芯レザーのヤレ感ってめちゃくちゃカッコいいんだよなぁ・・・





koukoku
mixiチェック

このページのトップヘ