Phrygian cap & Crown SHOP 雑記

ブログ更新苦手なショップ職人兼店長が、意気込んで最低でも週一で何か書くぞ!と始めたショップブログ。

タグ:写真家

お寺に頼まれたお堂づくりから始まり、
夜な夜な木工作業を約2カ月程続けてきてるが・・・
お堂も完成し、同時に制作していた、写真を飾る額縁も完成した。


DSC07695

額縁の制作風景・・・

DSC07696

塗装の最中。

これら、全部、木の角材から切り出して一から全部作ってる。

それもこれも全部、この写真たちを飾る為・・・

DSC07697

DSC07698


この写真は、友人である写真家、
志摩育美の作品。

ずっと前から、アトリエやショップに写真を飾ってくれないか?と、
図々しくも、おねだりしていた。

彼女はプロとしては、活動していない。
しかしながら、経験値、コンテスト等の実績、経歴、どれをとっても、
そこら辺の「いきなりIam photographer」でプロ活動してる様な奴らとは、
比べ物にならないモノを持っている。

何度かプロとして活動しないのか?と尋ねた事はあるが、
微妙な表情しか見せないので、それ以上あまり突っ込んでいない。

それでも、プロの写真家同様に自分の作品に愛情と誇りを持っている。

本来なら、オリジナルプリントを購入したいと申し出るのが筋ではあるが、
俺の友人としての甘えもあって、今回好意で作品を飾らせてもらった。

だから!

だからこそ!

ちゃんと飾りたいと思った。

額縁もアンティークな雰囲気で制作し、表硝子は、
劣化防止のUVカットのアクリルガラスを使用した。 

今現在、shopの壁に展示しています。
脚を運んでくださった際には是非ご覧くださいませ。

額縁制作に、随分時間が掛かってしまうので、
まだ、展示できていない作品もあるが、

じっくり準備を整えて、飾りたいと思う。


デジカメ、スマホの時代に有って、
こうした銀塩での作品を飾れる贅沢。

画像じゃなくて、本当の写真を楽しむ事。

素敵な事だと思う。









 



mixiチェック Clip to Evernote

随分前の話だが・・・

以前、好きな写真家さんのオリジナルプリントをご本人から購入した事がある。

写真(写真家のオリジナルプリント)を買うなんて、
俺も生まれて初めての経験だったのだが、
どうしても欲しい一枚だったので、思い切って買った。

R7065803

そのオリジナルプリントは、ブランキージェットシティーと言う、
1990年代に一世を風靡した、ジャパンロックのカリスマバンドを撮った一枚。

写真家のお名前は、渡部さとるさん。

ミーハーな話だが、好きなアーティストを好きな写真家が撮った一枚で、
俺が写真を買う理由としては、十分過ぎる一枚だった・・・

当時(1992年)雑誌の記事に使われた一枚で、
東京、佃小橋で撮影されたものだ。

しかも、このプリント・・
正に当時モノのプリントと言う事で、
飛びつく様に購入した。

購入時に、渡部さとるさんから、当時のプリントの現物である事や、
撮影時の浅井健一氏の思い出話とかも伺えて、
本当に嬉しく思った。

そんな一枚の写真だが・・
購入時に渡部さとるさんがマットや額装をして送ってくれたのだが、
その時はそのまま、アトリエに飾っていた。

ただ、ずっと気になっていたのが、蛍光灯による劣化・・・

折角のオリジナルプリントが色あせてしまわないか?ずっと気がかりで・・・

そこで、つい先日だが、アトリエの近くにある、
白鳳画材額縁専門店と言う画材屋さんに、
額装の相談に出向いたのだ。

元の額はアルミ製の普通の額縁だったので、
額縁もカッコいいモノにしたかったし、
劣化を出来るだけ抑えたいので、UVカットのアクリルガラスのモノにしたいと相談・・・

いろいろ、あーだこーだと言う俺に、丁寧にアドバイスをくれて、
良いモノを注文させてもらってた。

んで、出来上がって来たのがコレ・・・

R7065800

うん!
めちゃめちゃイイ!!

R7065802

黒なんだけど、ちょっとビンテージ調にヤレてる感じが出てる額装。

このオリジナルプリントにピッタリな感じ!

(白鳳画材さん、ありがとうございました!)


たかが古い写真・・されど俺にとっては、もう手に入れる事の出来ないお宝なのだ・・・

アトリエの壁にいつも飾ってる。

おじさんは、嬉しいのだ。


R7065804

1992年11月号、とある雑誌記事・・・










mixiチェック Clip to Evernote

少し前になりますが、お客様より、カメラケースの問い合わせを頂き、
制作させて頂きました。
(ありがとうございました!)

そのカメラケースってのが、マミヤスケッチのカメラケース・・・

なかなか製作時間が取れずに、制作が後回し、後回しになって、
常にショップでは在庫切れの状態・・・
(すんません・・・)

そして、いつもお客様から問い合わせが入り、
作らないのか?
売る気あるのか?
ってよく突っ込まれてます。(苦笑

そんな、品揃えが悪い、いつも通りの状況の中、

ご注文を頂きました。

しかも、色違いで2個!

DSC03500

地味にこんな感じで作ってます・・・・


DSC03504

コイツがマミヤスケッチ。
国産で唯一、24×24の真四角写真が撮れる、珍品中の珍品と言われる銀塩カメラで、
今でも人気が高いのです。

オリンパスのペン等と同じ時代に生まれた小さなカメラですが、
レンジファインダー(距離計)を有しており、明らかに上級者向けを意識したスペック。

DSC03503
どうでしょう?
消えつつあるクラシックカメラでも馬子にも衣裳・・立派に見えます。

普段のこうした、俺のグズな仕事ぶりから、
お客様から問い合わせをいただいて、重い腰を上げると言った出来事なら、
ブログに載せる事も恥ずかしくて、はばかるのですが、

今回、ブログに書かせてもらったのは、
こちらのお客様・・・

プロの風景写真家の古市智之さんからのオーダーだったのです。

古市さんは2013年度キャノンカレンダーの作家も務められた方。
「原始 小笠原」と言う写真集も出されています。
(アマゾンで買えます)

古市智之氏ブログ

古市さんの撮る写真にも驚きましたが、
何より、プロの写真家さんがこのマミヤスケッチを持ってる!
しかも2台も!

同時に、写真家の古市さんが、マミヤスケッチで撮る写真が観てみたい!!!
真四角のファインダーでどんな絵を切り取るのか・・・

そんな思いが、ぶわーっと溢れて来てしまいました。(笑

いつか見られる日が来る事を願いつつ、ケースを制作させて頂きました。

DSC03502

本当にありがとうございました。





koukoku

mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ