Phrygian cap & Crown SHOP 雑記

ブログ更新苦手なショップ職人兼店長が、意気込んで最低でも週一で何か書くぞ!と始めたショップブログ。

タグ:ライカ

今年(立春以降)になって、調子が悪い!

何の調子かって・・体調。

立春以降、インフルエンザB、患って、
んで、次は意味不明の結膜炎で目が開けられなくなって、
次は原因不明の熱と下痢・・・
(ちなみにインフルエンザの時以外、病院には行っていない。嫌いだから。)

なんか、ずっと体調を崩してる感じがする今年。

健康運がきっと落ちてるな・・・

もう・・トシ・・なのかな・・・・

先日って、4月1日のエイプリルフールに、
嘘みたいだけど俺、49才で爺さんになっちまったし・・・

まぁでも、仕事だけは、ありがたくも忙しくさせて頂いております。


昨夜は、深夜に少しだけ、桜の写真を撮りに出掛けた。

フッと思いついた様に三脚とデジカメだけ持って飛び出したもんで・・・
良いのがあまり撮れなかったけど・・・

こんな感じ・・・

DSC07746s

ライトアップしてる時間帯で・・・石垣と桜が堀に映り込んで、 これはこれで綺麗。

DSC07757

深夜12時を過ぎて、ライトアップが突然消え、シャッタースピードを30秒にしての一枚。
これもまた自然な感じで良い。

徳島城跡公園にて・・・・


まぁ、一応、今年も花見はできました。


話しは変わって・・・

お客様より、オーダーで制作させて頂いた、ローライフレックス2.8Fの専用ケースが完成した。

DSC07719

ローライフレックスのケースは金具類が特殊で、
今回はオリジナルのケースの金具類を流用させて頂いた。

DSC07726

オリジナルの茶色の革より、黒革のケースが欲しいとのご依頼で、
制作させて頂いた。

DSC07721

黒のヌメと内貼りはピッグレザーのバックスキン。
ステッチも黒。
元は茶色だった金具類も黒に塗装しなおして、
カシメ類は真鍮材のカシメを黒く燻して使用。

DSC07724

今回はカメラ本体はお預かり出来ず、オリジナルケースからの型取りで、
随分慎重に制作させて頂いた。

真っ黒のケースも締まってカッコよいと思う。


続いては、試作で制作していたライカM4用(M2M3 も合うと思う・・)ケース

DSC07766

試作とは言え、製品レベルまで丁寧に仕上げた。

DSC07767

アンティーク調のオイルヌメで制作。

DSC07768

金具類は真鍮製。カシメは今回全く使用せずに制作した。

(ご興味持たれた、M型ライカオーナー様!是非!!)


DSC07772

ライカとローライと・・・
DSC07755
夜桜・・・




koukoku

mixiチェック Clip to Evernote

一時期よりは、随分暖かく感じるようになった。
春も近いなぁ・・

家の庭に四日ほど前に咲いた桜・・・

DSC07693

早いでしょ?

DSC07694

見た目は木も花も葉もソメイヨシノそっくりなんだけど、
これ、桜ん坊の花。

毎年、ソメイヨシノの開花よりも随分早い今時期に咲き始める。

見た目は桜で花見も出来るし、花の後は美味しいサクランボの実を着けてくれる。

お得なヤツなん。

コイツが咲くと春がすぐそこって感じがする。


んで・・・
本題のカメラケース・・・

今回はライカM4。

まだ制作途中ではあるが、こんな感じ・・・

RIMG4160

カメラのM4は、自前。(俺が唯一持つ、M型ライカ)

今回のコレは試作も兼ねての制作。
まだ、ストラップの取付等、アイデアを絞り出さなきゃならない面もあるが・・・
現在、試行錯誤中。

RIMG4162
雰囲気のある、ビンテージなオイルレザーを使用。

M型ライカのカメラケースの後ろって大体、
フィルムインジケーターの覗き窓を設けてるモノが多いけど・・・

うん・・・

いらねぇんじゃねぇか?って思って付けてない。

RIMG4164

良い形で仕上げたいと思う。



夜な夜な制作していた、お堂は、やっと完成し、
近く、お寺の庭に運び込む。

まぁ、徳が積めたと思って、完成を喜んでる。

んで、今は夜な夜な、写真を飾る為の額縁を作ってたりする。

昼も夜も、相変わらずバタバタやってます。















mixiチェック Clip to Evernote

オーダー品のバルナックライカ型のケースです。

写真のカメラは Leica Ⅲa 型です。(カメラはワタクシのモノです・・)

R0012610

しっとりとした手触りのオイルヌメを使い、丁寧に手縫いで仕上げてあります。
ケースの他に、同じ革を使って製作したレザーストラップとレンズキャップホルダーを製作。

ライカの純正レンズキャップって、直ぐに失くしそうになるし、
失くすと次ぎ買うのに、高いですから・・・

勿論、トップカバーも同じ革で製作しました。

R0012611

アンティーク感を、確り出すと言うのがコンセプトでしたので・・・
如何でしょう?
こんな感じで・・・

オイルヌメは、経年変化も致しますし、それに合わせて、金具類も全て真鍮無垢材を使用しました。

いつも遊んでばかりじゃ御座いません。時々ちゃんと仕事してます。(笑





koukoku
mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ