Phrygian cap & Crown SHOP 雑記

ブログ更新苦手なショップ職人兼店長が、意気込んで最低でも週一で何か書くぞ!と始めたショップブログ。

タグ:サクランボ

今日は、雨・・・

相変わらず、アトリエに籠ってます。


今日は・・フィンランドエルクレザー(貴重なタンニン鞣し版)を使った、
特製チョークバッグ。

DSC07892

フィンランドエルクは北欧のヘラ鹿の革だが、
近年、国内での流通量が非常に少なく、希少革になりつつある。

アメリカのエルクレザーとは比べ物にならない程の厚みと質感を持ってる。
(フィンランドエルクはヘラジカで、アメリカのエルクはアカシカ。アメリカでヘラジカはムースと呼ぶ。)
アメリカのエルクとフィンランドエルクは全くの別物である。

ウチにストックしているフィンランドエルクは、厚みも1cm程あり、
厚みがあるのに、鹿革同様、しなやかで柔らかく、吸い付く様な手触りである。
(ストックも残り少ないのだが・・・恐らくこの先入手できない希少革)


まぁ、チョークバッグの様な小物を1cm厚そのままで制作するのは厳しいので、
漉いて使う事にはなる。

DSC07895

それでも、厚みを残せる所は、5mm以上は残して制作している。

今回、制作したのは、マチを取り付けたタイプ。
DSC07896
以前から制作しているモノは、マチを付けていなかったのだけど、
それでも、革が柔らかく伸縮するので、十分な容量が確保できてるんだけどね。

今回はサイドにマチを設けた事で、やたらモノが入る感じ。

通常は鹿革の絞り紐だが、絞り紐もフィンランドエルクの四つ編み紐にした。

絞り止めには、ナチュラルターコイズの絞り止めを制作。

DSC07898

非常に贅沢な仕様となった。

絞った時の姿はこんな感じ・・・
DSC07902
あえて端革を使った事で、ワイルドながら、柔らかな質感からくるコロンとした可愛らしさがある。

DSC07893
DSC07900

10年でも20年でも、直しながらでも、ずっと使って頂けると幸いです。



ゴールデンウイーク・・・明日は旧友たちが集うとの事で、
俺も夜から参加する。

連休最終の土日は、山に釣りに出かける予定。
今日の雨も、あまり降らないで欲しいところ・・・


DSC07886

最後にうちの庭にあるサクランボ・・・
真っ赤に熟して、食べごろであるが、量が多くて、食べるのが追いついていない・・・
鳥たちがついばみに来て、手伝ってくれるが、それでも食べきれない程今年は豊作。

早く食べないと・・・




koukoku

mixiチェック Clip to Evernote

一時期よりは、随分暖かく感じるようになった。
春も近いなぁ・・

家の庭に四日ほど前に咲いた桜・・・

DSC07693

早いでしょ?

DSC07694

見た目は木も花も葉もソメイヨシノそっくりなんだけど、
これ、桜ん坊の花。

毎年、ソメイヨシノの開花よりも随分早い今時期に咲き始める。

見た目は桜で花見も出来るし、花の後は美味しいサクランボの実を着けてくれる。

お得なヤツなん。

コイツが咲くと春がすぐそこって感じがする。


んで・・・
本題のカメラケース・・・

今回はライカM4。

まだ制作途中ではあるが、こんな感じ・・・

RIMG4160

カメラのM4は、自前。(俺が唯一持つ、M型ライカ)

今回のコレは試作も兼ねての制作。
まだ、ストラップの取付等、アイデアを絞り出さなきゃならない面もあるが・・・
現在、試行錯誤中。

RIMG4162
雰囲気のある、ビンテージなオイルレザーを使用。

M型ライカのカメラケースの後ろって大体、
フィルムインジケーターの覗き窓を設けてるモノが多いけど・・・

うん・・・

いらねぇんじゃねぇか?って思って付けてない。

RIMG4164

良い形で仕上げたいと思う。



夜な夜な制作していた、お堂は、やっと完成し、
近く、お寺の庭に運び込む。

まぁ、徳が積めたと思って、完成を喜んでる。

んで、今は夜な夜な、写真を飾る為の額縁を作ってたりする。

昼も夜も、相変わらずバタバタやってます。















mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ