Phrygian cap & Crown SHOP 雑記

ブログ更新苦手なショップ職人兼店長が、意気込んで最低でも週一で何か書くぞ!と始めたショップブログ。

タグ:オリンパス

消費税増税まであと僅か・・・・

世の中、キャッシュレスだの、ポイント還元だの・・・

もう俺にはややこしくて、めんどくさくて、
現実を直視できずに逃避してますが・・・何か?・・・

ウチのリアルショップはいつもニコニコ現金払いって事で、
何卒よろしくお願い申し上げます。

もう・・時代について行くのは辞める。

それで売れなくなるなら、もう・・それでもいいです・・・
欲しいと思ってくれるお客様が居る限りは、
このスタイルで仕事続けて行きます・・・


んで・・・

ネットショップでレギュラー販売品の、
Olympus Pen & Pen F カメラケース・・・

新色、チョコレートブラウンのご紹介・・・

まずはPenシリーズ・・

RIMG0309 
RIMG0307 RIMG0308


Pen Fシリーズがこちら・・

RIMG0313
RIMG0316
RIMG0314

この色・・・なかなか良い雰囲気だと思う。

ネットショップでのラインナップも完了済み!

ご注文、お待ちしております!!

RIMG0310





koukoku

mixiチェック

つい先日・・・

お客様より、オーダー頂いた、オリンパス トリップ35の専用ケース・・・

最初、ご注文問い合わせいただいた時に、
実は、このカメラの事を、俺・・・よく知らなかった。

どんなカメラなのかもピンと来なくて、オーダーをお受けする際に、
見積もり依頼を受けたのだけど、見た事も触ったことも無かったので、
曖昧な返答ながら、ご注文下さった。

(ご利用、本当にありがとうございました!!)


んで・・・コレ・・

DSC00145

レザーはタバコブラウンカラーのヌメ革。
ステッチはタンブラウン。
カメラネジはアンティーク仕上げ。

以上がオーダー内容・・・

DSC00148

逆光で撮ってしまった・・・

DSC00147

DSC00146

オリンパスPEN EE シリーズを35mmフルにし、グレードアップした様なモデル。

PEN Fのボディーを少し短くしたようなスタイル・・・

ゾーンフォーカスで手軽に撮れるみたいです・・・

オリンパスのこの時代のカメラは、俺も大好きですが・・・
今回のご注文で、初めて TRIP35 を手にした次第・・・
(カメラは、お客様からの預かり品)

そして・・

何より!・・・・

カメラ女子ウケするそうな!!!
(引きこもりのおっさんは、こういう情報に疎いから・・・勉強になります・・)

カメラ女子の皆様・・・オーダーお待ちしております!!(笑)





koukoku

mixiチェック

毎日、忙しくしております・・・

Phrygiancap&Crownの実店舗の準備は・・・

頑張ってるんだけどね・・・
お客様からのオーダーこなしたり、
通常販売の商品制作したり・・・

お店の準備まで、なかなか手が回ってない状態・・・

今年中に何とかオープンに漕ぎ着けたいので、
頑張ってるんだけどね・・・

とにかく、がんばる!


実店舗のショーケースやら何やら、まだ、商品が十分に埋まってなくて、
ガラッガラのショーケースを眺めつつ・・・
オープンできるだろうか?・・・・って・・

んで、今日もとにかく商品制作・・・

実店舗には、ネットショップとは違った、
イレギュラーな商品も並べたいと思ってて・・・

こんなの・・・

R7066122

マットブラウンのダイヤモンドパイソンレザーのオリンパス PEN EE S 用カメラケース。

R7066123

R7066125

R7066124

マットブラウンだから、個性は強いが、意外と落ち着いて見える。

R7066121



こちらは、ネットショップで販売しているナチュラルヌメのタイプ・・・


あと、ネットショップの方で現在販売終了してる、
フィンランドエルクレザーのチョークバッグを実店舗にて復活!

R7066129

右は以前ネットショップで売ってた黒のタイプ。
左は、ちょっと手に入らないんじゃない?
フィンランドエルクのヌメ革で作ったタイプ。

少量生産ながら、販売します!


んな、感じで、毎日毎日モノ作って忙しくしてる・・・
正に師走って感じ・・・

近々、ショップオープンのお知らせしますので、
ちょっとだけでもいいから、楽しみにしててください!(苦笑








koukoku
mixiチェック

正月休みも終わったが、食欲がヤバイ・・・


休み明けても、仕事もあんまり忙しくないし、
のんびり仕事しながらのこの食欲は危険極まりない・・・・

ちゃんと食生活戻さないと・・・


ちょっと前の事になるが・・・

よく使わせてもらってる、中古カメラ屋の出物に、
オリンパスPEN‐F用の42mm、1.2fのレンズがあったので、
問い合わせて、取り寄せてみた。


42mm1.2fはPEN‐F用のレンズとしては最も明るいレンズで、
写りも良く、銘玉とされている。

俺も一本持ってはいるのだけど、
絞りが16fあたりでキツクなると言う不具合を抱えてるモノで、
程度の良いモノなら、もう一本持っておきたいと思った次第。

DSC04354
(これが、前から持ってるヤツ。)

画像のこいつは、絞りの不具合は抱えているものの、写りに関しては合格点を出せる代物。


そんで、新たに取り寄せたレンズだが・・・
カメラ屋の説明では、レンズは非常に綺麗で、
その他不具合も見当たらないとの事だった。

このレンズの一番の問題はバルサム切れから起こる曇り。
一度この症状が出てしまうと、修理は不可能なのだ。

そして、ホントに目視では見切れない程のかすかな曇りも、
開放あたりで、ハッキリと写真に症状が出る事。

このあたりの事情をカメラ屋に説明して、
万が一、曇りが出てる場合は返品させてくれと伝えた上で送ってもらった。

カメラ屋も、お送りする前にレンズクリーニングに出してから送ってくれると言ってくれた。
本当に信頼のおけるショップである。


そして、届いたレンズを午前中の日差しの、やや逆光狙いで試写・・・


DSC04341
小さな画面で見ると判り難いが、
残念ながら、コイツも曇り玉であった・・・

フワフワと薄い湯煙の中で写真を撮ったみたいな絵になる。

見た目は俺の手持ちのレンズより、傷もなく遥かに綺麗なのだが、
デジカメで実際に写真に撮ってみると、曇ってる事が分かる。
(甘いボケと勘違いしてはいけない!)

これだけ撮れれば、合格点を出してあげたいところだが、
手持ちの玉より、写りが悪い以上、手元に置く理由もなく、
返品させてもらった。


ペンFの42mmは、結構人気のあるレンズで、
玉数も少なく、移りも良い為、結構高値のレンズ。

オークションサイトなんかでも、ちょこちょこ見掛けるが、
程度の良いモノを求めたいなら、
絶対にオークションなんかのモノに手を出しては失敗する確率が高い。

肉眼で手元で覗き込んでも分からない曇りが潜んでる可能性があるレンズ。
オークション画像で、程度なんて判る訳がない。
(出品者も程度の良い希少玉を市場価格より安く出品する理由はない。俺なら絶対手放さない!)

オールドレンズ全般に言えるが、程度の良いモノを探すなら、
値が張っても、信頼できる、気に入らなければ返品を気持ちよく受けてくれる、
カメラ屋で買うのが正解だと思う。

安物買いの銭失いとはよく言うが、オークションでもそれ程安くは売ってないのだ。
高物買いの銭失いになりかねない。

オールドレンズの曇りを「これもオールドレンズの味。」なんていう人も居るが、
曇ってるより、曇ってない方が絶対に良いに決まってる。

だから俺は、高価なカメラやレンズ程、カメラ屋で買う様にしてる。










mixiチェック

暑い・・・どうにかならんのかこの暑さ・・・

土用に鰻を食ったからと言って、暑いモノは暑い・・・

でも、元気だけどね。


このところアトリエに、仕事に出てくる時間が少し遅くなってる。
暑いからね・・・

その分、いつも夜遅くまで仕事してたりしてる。


今日もちょっと遅めの出勤・・・

暑さにイライラしながらアトリエに入り、エアコン、ON!

エアコンが利き始めるまで、外の日陰でタバコを一服・・・

ふと、宙に目をやると・・・
デカい蜂・・・

よくよく見ると、何だか数が多い気がする・・・

えっ!?

巣がある・・・

アトリエの倉庫軒天に15センチくらいのハチの巣が、
いつの間にかスクスク育ってる・・・

ヤバいと思い、殲滅作戦を立てる・・・

水攻めか?はたまた、火攻めか?・・・

蜂ジェットは無いし・・・ゴキジェットとハエ蚊ジェットしかない・・・

悩んだ末、同じ虫だろうって事で、ゴキジェットとハエ蚊ジェットの
ミックス噴射・・・・

ブハーーって吹き付けては、アトリエに逃げ込む・・・
そんな事を3度ほど繰り返した。

策は功を奏し、蜂と蜂の巣殲滅。

DSC04029



DSC04028


直径15センチ程はあった・・・
毎日アトリエに居るのに、こんなんなるまで、全然気づかなかった・・・

仕事前に、余計な大汗をかかされた・・・


んで、今日はこんな仕事・・・


DSC04030


製作途中のOLYMPUS PEN-D 専用ケース・・・
(ご注文、ありがとうございます!)


八月一発目のブログが蜂(ハチ)で始まるなんて・・・

お後がよろしいようで・・・・

mixiチェック

このページのトップヘ