Phrygian cap & Crown SHOP 雑記

ブログ更新苦手なショップ職人兼店長が、意気込んで最低でも週一で何か書くぞ!と始めたショップブログ。

カテゴリ: レザー

週明けからこっち、良いお天気が続いてる。
何処かに出掛けたい気持ちもあるが・・仕事してる。

少し前にお預かりした、ハーレーブランドの古いバッグ・・・

色々考えながら、少しずつ手を入れてる・・・

DSC00257

コレね・・・

預った時は、さて・・・コレ・・どうした物だろう?・・って思ったのだけど・・・

DSC00279

分かるだろうか?画像が暗いから・・・・

前のクタクタになっていた、フラップのベルトを外してみたところなんだけど・・

外した後を見て、びっくり!

ずっとこのバッグは、焦げ茶のスエード革のバッグと思い込んでたのだけど、
実は黒の、薄いながら塗装面の吟面を持つ革だった・・・

革全体の塗装面が剥がれ、内側のスエードが出てきてるって事。
しかも、全体にまんべんなく・・・

これ・・・使い込んでこうなってるなら、本当にびっくり。

わざと、紙ヤスリなんかで擦り落としたのだろうか?
それにしても、全体に見事に吟面が落ちてる・・・

わざと吟面を落とそうとしても、こんなに見事に落とせるもんじゃない・・・

前のハーレーの黒い革のワッペンを見て、
ハッ!っとした・・・
1903-1993 と書かれてる・・・

1903年はハーレーがウィスコンシン州に設立された創業年号。
1993年はこのバッグが、90周年記念モデルか何かを意味してるのだと思う・・・

1993年から今は2019年・・・26年前?のバッグ・・・

古っ!

このバッグをどういう経緯で手に入れたかは聞いていないが・・
長い間、ずっと使って来たと言う事なのだろうか?

それでもこのバッグを使っていこうと思う、想いって・・・

なんとなく・・・なんとなくなんだけども、このバッグにどう手を入れていくべきか?
の方向性が見えた気がした・・・

この雰囲気を壊しちゃダメな気がして来たのだ・・・

とは言え、もう使うのにもやや不安のある個所は補修しなきゃならない。

んで・・・

RIMG0074

千切れかけてた取手は、思い切って千切った。
(もう・・元に戻せと言われても、後戻りはできない・・苦笑)

代わりに、茶芯のヌメ革でハンドルを作る・・・
RIMG0071

ヴィトンのボストンバッグなんかに見られる、パイプ状のハンドルを制作・・・

RIMG0072
RIMG0073

ここまででも随分時間、掛かってます。


んで・・・
こんな感じで・・・

RIMG0076

茶芯レザーなので、ヤレて来ると、このバッグに良い感じに馴染むはず!

RIMG0075

ハンドルはこんな感じになる。

まだ取り付けまでは行ってない。

現状、ここまでしか進んでいない。

少々時間は頂いている。
あと何年使っていくのか?全然分からないけど、
雰囲気を壊さない様に・・・コレが今回の命題として作業を進めようと思う・・・










 
 



mixiチェック Clip to Evernote

バタバタと日々忙しくしております・・・

前回のブログに書いたバッグもいろいろと考え、想いを巡らし、
少しづつだが、進めている。

先日、お客様より、オーダー頂いた、オリンパスPEN D3用のケース・・・

DSC00284

ショップで通常販売しているモノと少しだけ仕様が違う・・・
何がオーダーかと言うと・・・

ケース本体に耳を着けて、ストラップがケースに直接付いてる仕様にしてくれとのオーダー。

うん・・確かに、ケースからカメラを外せば、ストラップを外す手間が要らない。

防湿庫なんかで保管する方には、こっちの方が便利なのかもしれない。

DSC00283

なるほどね・・・と思った。
(ご注文、有難うございました!)

カメラケースの注文や、古いバッグの補修等・・いろいろと忙しくしながらも、
どうしても、やっておきたい商品製作があり、
随分コレに時間を掛けてしまってる。

それがコレ・・・

RIMG0063
RIMG0062
RIMG0064

近く、新発売する、オイルレザー(オイルヌメ)製、カメラストラップ。

以前、とある方へのお礼の品として、一度制作してみたモノで、
使い勝手がよく、格好も良かったので、
レギュラー商品化しようと、ずっと考えていた。

RIMG0045

専用の松葉ストラップも付属して、
色々な形状のカメラの耳に取り付けられる様に考えた。

RIMG0047


勿論、三角の二重環での取付も出来る。

RIMG0049

ブラック、チョコレートブラウン、タバコブラウンの三色で行きます!

ネットショップに近々アップしますので、
気になる方は是非!!

このストラップ制作にヘトヘトになって疲れてたせいか・・・

RIMG0051

こんなんなりました・・・

老化かねぇ?コレ・・・

RIMG0053

死ぬまで、ずっと働かなきゃならないんだろうなぁ・・・って思う・・・



koukoku


mixiチェック Clip to Evernote

先日、お客様よりオーダー頂いていたメガネケース・・・

制作しても連休中、お渡しできないので、
GW明けの制作で良いかな?・・・って思って居たが・・・

俺が遊びに行く前に、スッキリと仕事済ませておきたい気持ちもあり、作った。

DSC00186

コレ。

3mmより、少し厚い、メガネケースとしては極厚くらいの、
凄くしなやかな、オイルレザーにて制作。

前の留め具は真鍮無垢材のヒネリ金具を使用。

結構重厚な雰囲気に仕上がった。

DSC00188

このオイルレザーは床面(裏面)が非常にソフトなスエード調である為、
裏張りなど必要なく、床面も磨く必要もなく、一枚革で、そのまま使える。

DSC00187

サイドは5mm厚の硬いオイルヌメを使い、丁寧に駒合わせ縫いで仕上げてる。
(中に入ってるのは、俺のやっすい老眼鏡・・・)

メガネがケース内でガタガタ遊ばない様に、あらかじめお客様のメガネは、
寸法を測らせてもらった。

とは言え、大体のメガネが収まる様に、そして、ガタガタ遊ばない様に、
気を使いながら制作した。

(ご注文、有難うございました!!)

まぁ・・・メガネのケースって、メガネ買った時に、タダで付いて来るモノだし・・・
こうやって、ご注文いただけるのは有難い事です。

ちなみに俺は、眼鏡屋で貰った、タダのケース使ってる。(笑)
(ケースの中でガタガタ、暴れまわってるけどね・・・)

しかも俺、メガネを失くす常習犯・・・

俺も自分用のケース作って持ったら、失くさなくなるかなぁ・・・・?

・・・

・・・

きっと無理だな・・・


koukoku


mixiチェック Clip to Evernote

2月に入って、全然ブログが書けてない。

オーダー物の財布が幾つかと、他にもいろいろ・・仕事は少し忙しくなってるのだけどね・・

ブログネタがね・・・


んで・・

これと言って書くことも無いので今日はコレ・・・

DSC00106

俺がずっと(7年くらい?)使ってる、カウントアップモルガンダラーのブライドルレザーのベルト。

ナイフはちょっと一緒に撮って見た、徳島が生んだプロカスタムナイフメーカーの鎌田好和さんの、
栃のチジミ杢ハンドルのフォールディングナイフ。
(今回のブログ記事には関係ないけど、綺麗なので並べて撮って見た。)


茶芯レザーはいろいろあるのだけど、
まぁ、茶芯レザーの代表格と言うか・・イギリスのブライドルレザーが有名だともう。

んで・・俺が長年使ってるベルトの画像を載せてみたのだけど、
ちょっと分かりにくいかもしれないけども、
表面がひび割れてる様な経年変化を起こしてるのが分かるだろうか?

多くの革の場合、革の表面を吟面と言い、
革の表面から下の部分と裏を、床面と言う。

多くの革の場合、吟面(表面)の繊維密度が、濃いので、
強度を保つ為にも革製品は吟面を使う。

革を薄く漉いた場合、裏面の床革は、吟面を失い、強度が保てないので、
通常、廃棄される事が多いのだけど・・・

(説明がくどいなぁ・・)

知ってる人は知ってると思うが・・・ブライドルレザーは、吟面を持っていないのである。
それでも強度があるのは吟面の下に更に強度の高い面を持ってるから。

まぁ・・そんなこんなで、ブライドルレザーの経年変化は吟面を持つ通常の革とは、
少し違う、特有の経年変化を起こす。

それが、カッコいいのである!

・・・

・・・

まぁ・・どうでも良い話でしょうか・・・・

ちなみに、吟面を持たない革の代表と言えば、
コードバン(馬の尻の革)である。

この革も伸びはするけど、非常に強い革の代表格。

DSC00107

まぁ・・・

何とも纏まりの無い記事になってしまったが・・・

書く事があまりないので・・今日はこの辺で・・・












mixiチェック Clip to Evernote

正月、二月と日が経つのが、早い早い・・・

稼ぎは悪いけど、なにやら日々忙しくしております(苦笑

先日、古い友人から頼まれて制作した、春財布。

予算やら仕様やら、いろいろメッセージでやり取りして、(県外の友人)。
使用する革は、茶芯レザー(ヌメ革)で、
コンチョはインディアンニッケルで・・・みたいな・・・

んで、完成したのがコレ・・・

R7066973

R7066971

R7066969

容量タップリのトラッカータイプのロングウォレット。

茶芯がヤレてくれば、随分味のある財布になってくれるはず!

手縫いで制作したので、補修しながらでも、長く使って貰いたいなぁ・・・


縁起の良い春財布・・吉財布となります様に・・・・




koukoku




mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ