昨日の土曜日は一日仕事を休んで、
今シーズン最初のフライフィッシングに・・・

朝6時に友人Yと共に、高速を飛ばし西へ・・・
途中で、友人Nと合流し、今度はNの車に3人乗って、
とある、川をめざす・・・

昨年の豪雨災害の影響で、道が潰えた地域の更に奥が今回の釣り場。

道がなくなって、誰も入っていないのでは?と言うスケベーな発想から、
今回、スケベーな三人が下見と称し、その渓に出掛けた次第。

道が潰えて、通常では行けない場所に、40分ほど道を大きく迂回して、
そこから更に、1時間ほど、徒歩で山を迂回して入渓する作戦。

この季節、山は良いねぇ・・・

DSC00159

今年の花見が釣りの途中で出来た。

DSC00162

車で大きく迂回して、峠の上に到着・・・
車をココに置いて、ここからは歩き・・・

DSC00163

良い景色だ事・・・

しかしながら、この迂回路も、いつ潰えても可笑しくない位、ヤバイ感じになってた。

釣りの身支度をココで整えて、出発・・・
みんな、出来るだけ荷物を軽くして来てるみたいだが、
結局俺の荷物が一番重い感じだった・・・
余計なモノを持ち過ぎてるのだろうけど、自覚が無い・・・

DSC00164
歩く・・・

DSC00165

ただただ、一時間、荷物を背負って歩く・・・・

もう若くない3人にとっては、本当にしんどい釣行・・・
しかしながら、スケベーな気持ちが足を進めてくれる。


目的の川に到着・・・昼の12時・・・実に、家から6時間かけて、この釣り場に立った事になる。

早速釣る・・・

DSC00167

DSC00166

DSC00170
DSC00171

スケベーな期待通り、入渓する者が少なくなった川のアマゴ達は、
吸い込むようにフライを喰ってくれる・・・

この場所で正解だった・・・
サイズにして、18㎝~23cm程だが、
この時期にしては、丸々と太ったナイスバディな子らがテンポよく釣れる。

DSC00169

DSC00168

午後3時頃・・・昼飯にする・・・

DSC00174

妻が早起きして作ってくれた、タッパーに飯とおかずをギュウギュウに詰めた、
名物メガトン弁当・・・友人らの分も作ってくれてる・・・助かる。

DSC00172

見てくれは別として、美味し!・・感謝。


飯を終えた午後4時前後くらいから、空が曇りはじめ、
気温がグッと下がり、明らかに魚たちの活性が下がる・・・・

寒さで、我々オッサンらの活性も下がる・・・

夕方5時・・・納竿・・・

寒い中、また、1時間以上かけて、車を置いた場所まで、
歩く・・歩く・・ただ、重い荷物と疲労した体を引きずって、歩く・・・

DSC00175

昼間見た山の景色は、夕日を浴びて、疲れた体にジ~ンとしみ込む・・・・

綺麗だなぁ・・・ってオッサンら皆、写真を撮ってた・・・

DSC00178
皆、ヘトヘトに疲れて、車に乗り込み、家路に向かう・・・

シーズン最初のフライフィッシングは読み通り、大成功。

短い時間帯ではあったが、良型の入れ食い状態にもなったし・・・


今回は下見・・・
次回、キャンプの準備を整えて、再度アタック予定。


しかしながら、体力的に大いに不安あり・・・

今日も、足首、膝、股関節、腰、肩・・・・凄く痛む・・・

キャンプの道具が増えて、あの道のりを歩けるのだろうか?・・・

皆、きっと不安に感じてると思う・・・

歳は取りたくないものだ・・・