Phrygian cap & Crown SHOP 雑記

ブログ更新苦手なショップ職人兼店長が、意気込んで最低でも週一で何か書くぞ!と始めたショップブログ。

2019年04月

先日、お客様よりオーダー頂いていたメガネケース・・・

制作しても連休中、お渡しできないので、
GW明けの制作で良いかな?・・・って思って居たが・・・

俺が遊びに行く前に、スッキリと仕事済ませておきたい気持ちもあり、作った。

DSC00186

コレ。

3mmより、少し厚い、メガネケースとしては極厚くらいの、
凄くしなやかな、オイルレザーにて制作。

前の留め具は真鍮無垢材のヒネリ金具を使用。

結構重厚な雰囲気に仕上がった。

DSC00188

このオイルレザーは床面(裏面)が非常にソフトなスエード調である為、
裏張りなど必要なく、床面も磨く必要もなく、一枚革で、そのまま使える。

DSC00187

サイドは5mm厚の硬いオイルヌメを使い、丁寧に駒合わせ縫いで仕上げてる。
(中に入ってるのは、俺のやっすい老眼鏡・・・)

メガネがケース内でガタガタ遊ばない様に、あらかじめお客様のメガネは、
寸法を測らせてもらった。

とは言え、大体のメガネが収まる様に、そして、ガタガタ遊ばない様に、
気を使いながら制作した。

(ご注文、有難うございました!!)

まぁ・・・メガネのケースって、メガネ買った時に、タダで付いて来るモノだし・・・
こうやって、ご注文いただけるのは有難い事です。

ちなみに俺は、眼鏡屋で貰った、タダのケース使ってる。(笑)
(ケースの中でガタガタ、暴れまわってるけどね・・・)

しかも俺、メガネを失くす常習犯・・・

俺も自分用のケース作って持ったら、失くさなくなるかなぁ・・・・?

・・・

・・・

きっと無理だな・・・


koukoku


mixiチェック

世の中・・・超大型連休に突入したみたいで・・・

皆さん、お楽しみなのでしょうか?・・

俺はいつも通り、アトリエで一人仕事してます。

DSC00184

こんな感じ・・・

んで・・
俺の周りの人達に、どんな風に連休過ごすの?って尋ねてみるが・・
皆、案外冷めてて・・・
家族で京都旅行ってのが、俺が聞いた話では、一番だった・・・

金も掛かるし、人も混むし、家でのんびり過ごすってのが大方の答え。

まぁ・・金掛かるもんね・・・

んで・・
俺は?って言うと、友人2人と共に、キャンプして釣りの予定がある。

まぁ・・・あんまり金は掛かってないかも・・・

今回、金が掛かったとしたら、コレくらい・・・

BlogPaint

キャンプ道具を運ぶための、アルミ製のリヤカーを買いました。
(画像はまだ、タイヤを着けてない状態)

んで、このコンテナに、キャンプ道具3人分詰めて、山に籠ります。

DSC00182

こんな感じ。


昨日まで、暑いくらいだった徳島も、
今日は急に寒くなって・・・

冷たい風がびゅーびゅー。

天気も怪しいし・・・山でのキャンプ・・・不安はあるねぇ・・・

でも、楽しんできますよ。








mixiチェック

今日は朝から岡山へ車を走らせてきた。

アーサーホーランド牧師が十字架行進で、岡山の倉敷近くまで来られていたから。

三月の中旬に沖縄をスタートして、早くも岡山である。

そんなに歩ける物なのか?
釣りに出掛けて、少々歩いただけで、次の日、足腰が立たない俺とは、
同じ人間でも、作りが違うようだ・・・

今回は、前に依頼を受けていた、グリーン色のターコイズリングを届ける事が、
俺の役目。

んでこれ・・・アメリカ、ネバダのフォックスターコイズの濃いめのグリーン・・・

DSC00153

DSC00150

DSC00155

コイツを届けに・・・

朝から何も食べず、岡山に向かってたもので、
岡山に入ってすぐの鴻池PAだったかな?・・・
に立ち寄り、トイレ休憩と飯休憩・・・

R7067073

岡山名物デミグラスカツ丼(そう書いてあった)を食す・・・

うまからず・・・まずからず・・・
丼にせず、定食で良い気がした・・・

んで、また車を走らせて、早島で降りて、国道2号を十字架とバングラ号を探して走る・・・

やっぱり目立つね。

直ぐ見つけれた。

到着すると、いつもの様にバングラさんがハチハチしながら、
必死のパッチでルート案内に奔走してた・・・

本当に一人で大変だと思う。

ちょうど、倉敷に入る手前くらいから、国道2号線は、歩道も無いバイパス道になってて、
どのルートにアーサー牧師を導くか、慌ててる様子・・・
(バングラさん・・テンパってる姿・・見てて・・・おもろいけど・・・)

案内を少し手伝って、歩道のある道の方へ先導し、
無事、昼食休憩を迎えれた・・・

俺もこのタイミングで無事にリングをお届け。

R7067074

R7067076

昼食休憩中、お邪魔しました!
ターコイズは旅の守り石でもあります。
今後の無事を祈っております!

バングラさんもがんばって!!

俺は、ここでお別れして帰った次第。

お疲れ様です!!











mixiチェック

昨日の土曜日は一日仕事を休んで、
今シーズン最初のフライフィッシングに・・・

朝6時に友人Yと共に、高速を飛ばし西へ・・・
途中で、友人Nと合流し、今度はNの車に3人乗って、
とある、川をめざす・・・

昨年の豪雨災害の影響で、道が潰えた地域の更に奥が今回の釣り場。

道がなくなって、誰も入っていないのでは?と言うスケベーな発想から、
今回、スケベーな三人が下見と称し、その渓に出掛けた次第。

道が潰えて、通常では行けない場所に、40分ほど道を大きく迂回して、
そこから更に、1時間ほど、徒歩で山を迂回して入渓する作戦。

この季節、山は良いねぇ・・・

DSC00159

今年の花見が釣りの途中で出来た。

DSC00162

車で大きく迂回して、峠の上に到着・・・
車をココに置いて、ここからは歩き・・・

DSC00163

良い景色だ事・・・

しかしながら、この迂回路も、いつ潰えても可笑しくない位、ヤバイ感じになってた。

釣りの身支度をココで整えて、出発・・・
みんな、出来るだけ荷物を軽くして来てるみたいだが、
結局俺の荷物が一番重い感じだった・・・
余計なモノを持ち過ぎてるのだろうけど、自覚が無い・・・

DSC00164
歩く・・・

DSC00165

ただただ、一時間、荷物を背負って歩く・・・・

もう若くない3人にとっては、本当にしんどい釣行・・・
しかしながら、スケベーな気持ちが足を進めてくれる。


目的の川に到着・・・昼の12時・・・実に、家から6時間かけて、この釣り場に立った事になる。

早速釣る・・・

DSC00167

DSC00166

DSC00170
DSC00171

スケベーな期待通り、入渓する者が少なくなった川のアマゴ達は、
吸い込むようにフライを喰ってくれる・・・

この場所で正解だった・・・
サイズにして、18㎝~23cm程だが、
この時期にしては、丸々と太ったナイスバディな子らがテンポよく釣れる。

DSC00169

DSC00168

午後3時頃・・・昼飯にする・・・

DSC00174

妻が早起きして作ってくれた、タッパーに飯とおかずをギュウギュウに詰めた、
名物メガトン弁当・・・友人らの分も作ってくれてる・・・助かる。

DSC00172

見てくれは別として、美味し!・・感謝。


飯を終えた午後4時前後くらいから、空が曇りはじめ、
気温がグッと下がり、明らかに魚たちの活性が下がる・・・・

寒さで、我々オッサンらの活性も下がる・・・

夕方5時・・・納竿・・・

寒い中、また、1時間以上かけて、車を置いた場所まで、
歩く・・歩く・・ただ、重い荷物と疲労した体を引きずって、歩く・・・

DSC00175

昼間見た山の景色は、夕日を浴びて、疲れた体にジ~ンとしみ込む・・・・

綺麗だなぁ・・・ってオッサンら皆、写真を撮ってた・・・

DSC00178
皆、ヘトヘトに疲れて、車に乗り込み、家路に向かう・・・

シーズン最初のフライフィッシングは読み通り、大成功。

短い時間帯ではあったが、良型の入れ食い状態にもなったし・・・


今回は下見・・・
次回、キャンプの準備を整えて、再度アタック予定。


しかしながら、体力的に大いに不安あり・・・

今日も、足首、膝、股関節、腰、肩・・・・凄く痛む・・・

キャンプの道具が増えて、あの道のりを歩けるのだろうか?・・・

皆、きっと不安に感じてると思う・・・

歳は取りたくないものだ・・・





















mixiチェック

暖かい日と寒い日を繰り返しながら、春らしくなってる・・・

桜・・・花見は今年、まだ行ってない・・・

忙しいって程じゃないけど、途切れず仕事してる。


今日はコレ・・・

R7067072

アメリカ、アリゾナ州南部のビズビー鉱山で採れたビズビーターコイズ。

全て、無添加の美味しいナチュラルビズビー。

アメリカのターコイズ鉱山は多くが閉山しており、ナチュラルターコイズは、
どこのターコイズも希少と言えるのだけど、

このビズビーターコイズは、人気、希少性、価値、どれをとっても、
アメリカンターコイズでは常に上位に数えられるモノだ。

ビズビーも閉山しており、現在においては、市場に出回る事も少なく、
鉱山関係の人間やコレクター、ターコイズディーラーのストック品等が、
僅かに出回る程度だと聞いている。

ウチも、今持ってるストックが全てなくなれば、
仕入れる術はない・・

ただ、運よく、俺がストックしている量は、
俺が今後の職人人生で使い切れるか否か?ってくらいは持ってる。

時々、同業者に、少々融通して欲しいと頼まれる事があるが、
同じく知り合いの同業者に、今後、まともな石は手に入らないから止めておけと言われた事もあって、
石だけを売る事は無くなった・・・

マルーンカラーのマトリックス(母岩)を持つ、一目見てビズビーと分かる、
美しい表情の石を原石の状態のまま、ストックしていて、
お客様の注文に応じて、いくつか研磨して良い物を出すようにしている。

ターコイズらしいブルーから紺色に近いビズビーブルーの石・・・
煙をまとった様な模様のスモーキービズビーも・・・

大きなサイズの石は多くは持っていないが、
通常のリングやペンダントに用いるサイズは十分にある。
(小さい石程、ハイグレードなモノが多いのが、正直なところだけどね・・・)

R7067070

春のうららかな日差しに照らされたビズビー・・・綺麗でしょ?

んで・・・コレ・・・・

DSC00158

良い感じっしょ?!


ビズビーターコイズのアクセサリー・・・いかがですか?



koukoku


mixiチェック

このページのトップヘ