Phrygian cap & Crown SHOP 雑記

ブログ更新苦手なショップ職人兼店長が、意気込んで最低でも週一で何か書くぞ!と始めたショップブログ。

2017年05月

5月も下旬となるが、
ここ徳島は、暑くもなく・・
寒くもなく・・・

今年は、この時期にしては過ごしやすい・・・

先日、お客様よりオーダーいただいた、
オリンパスPEN FT 用カメラケース。

DSC04945

ショップ販売してる物をベースに、
少し遊び心を加えて、ホワイトステッチに・・・

DSC04944

カメラを外すと中は赤!

表側、内側、どちらも栃木レザーのヌメで製作させて頂いた。
(ご注文、ありがとうございました!)

いい感じでオシャレです。

DSC04949

左側がショップでレギュラー販売しているモノ。
右が今回のオーダー品。

革は同じ、栃木レザーのヌメだが、随分雰囲気が変わるものです。

あなただけのオリジナルなカメラケース、制作させて頂きますよ~!


おまけショット・・・

DSC04948

仲が良いのか悪いのか?・・
言葉の通じ合わない二人・・・

DSC04946

言葉が通じないなら、手を出してみる・・・

DSC04947

それに応えて、口を出してみる・・・

仲が良いのやら悪いのやら・・・




koukoku

mixiチェック Clip to Evernote

ツーリングから戻り、休み中に入ってた注文のカメラケースを仕上げ、
手が空いたので、バイクを掃除しようと思い立つ・・・

DSC04936

掃除に邪魔なので、サドルバッグとタンデムシート周りを外して、
アトリエの庭先に・・・

DSC04937

ハーレー乗ってる人とか、凄くコマメにバイクを磨いてたりするものなのかもしれないが、
俺は・・・・ダメ・・・
あんまりコマメに掃除できない人・・・

もちろん、雨風にさらされないガレージ保管なのだが、
それでも、埃や湿気でクロームメッキパーツなどは、白く曇ってくる。

1999年式のこのFLSTS ヘリテイジスプリンガーが大好きで、
現在の新車のハーレーにも匹敵する様な金額のコイツを、
手に入れた。

もう、現行ハーレーから数えれば、3世代前のエンジンを乗せたこのバイクも、
もう旧車になろうかとしてる・・・

しかも、このエボリューションエンジンを積んだFLSTSは、
97年98年99年の3年間しか生産されていない為、
希少車の類になるのだ。

磨きながら、「大事にしてやらなきゃ・・・」って思う・・・

DSC04939

昼から初めて、陽が沈みかけるころまで、掃除した。

18年前のバイクとは思えない程、ピッカピカ!

タンデムシートは今回、外して、キャリアとシングルのサドルシートに変更・・・

誰も後ろに乗る事が無い事に、気付いたから。

俺のバイクの走る先に、ホットパンツとへそ出しタンクトップのブロンドねぇちゃんが、
ヒッチハイクしてる様なシチュエーションに出くわす事はきっと、無いと思うから。

モテない男が、一人暮らしするにあたって、淡い期待を持ってダブルベッドを買ってしまい、
部屋が狭い事に気付く感覚に近いだろうか?・・・

まぁ、どうでも良いけど、とにかくシングルシートに変更。

次の車検まではコレでいこうかなって・・・

DSC04941

ウインドシールドも外して、サドルバッグもチェンジして・・・・

DSC04943

夏はこんな感じで乗ろうと思ってる。






mixiチェック Clip to Evernote

ツーリング行ってきました!


今回は、四国最西端。
佐田岬灯台を目指して・・・
(四国の西に出てる細い尻尾みたいな半島のとこ・・)

アトリエがある鳴門からの出発って事を考えると・・
ほぼほぼ、四国を横断した感じ。

バイクで走った距離は行き帰りで700kmは超えてる。

バイク移動がメインで今回はあまり写真が撮れてない・・

しかしながら、今回もロードエンジェルズ四国のTさんプロデュースって事で、
美味いモノいっぱい食ってきました。

そんなツーリングの様子を少し・・・

R7065713

いきなりだが、ツーリング最初の食事・・・
フジ観光の八幡浜ちゃんぽん。

R7065712
俺は餡かけの皿ちゃんぽんを食す・・・
あっさりしたお味で旨し!

長崎の皿うどんとは違い、揚げ麺ではなく、ちゃんぽん麺。

食後はとにかく佐田岬を目指す・・・

BlogPaint
佐田岬灯台駐車場に到着。

DSC04896
駐車場から海を挟んだ対岸、大分県を眺める一行。
あいにく、天気は良いのだが、白ボケててイマイチ・・・

佐田岬灯台はと言うと・・・

DSC04893

駐車場からはこの程度しか見えない・・・

折角来たのだから、灯台まで歩いて見に行こう!
と、提案するが、みんなに即答で断られる・・・

仕方ないので、少数の立場ながら、
皆を駐車場に待たせ、片道1.8kmの遊歩道を一人、灯台を目指して歩く・・・

DSC04898

折角ここまで、バイクを走らせて来たのだ。
どうしても四国の西の端っこに立ちたいと思うのだ。

遊歩道は綺麗に整備されていて、とても歩きやすい。

しかしながら、アップダウンが続く山道・・・
エンジニアブーツで歩くのはキツかった・・・

DSC04899

DSC04900
山の中腹に見えてるのが、皆が眺めてた駐車場・・・

DSC04903

DSC04904
あと少し・・・

DSC04905
この階段を上ればゴール!

DSC04911
佐田岬灯台!

DSC04906

四国の端っこに立ってきた!

汗だくである。

帰りを思うと、なぜ、ペットボトルの水を一本買って来なかった?と、
自分の愚かさにうな垂れる・・・

そんな佐田岬灯台だった・・・


その日のお宿は・・・

DSC04912

民宿大岩。
四国最西端の民宿との事・・・

長距離のライディングと灯台見物に一人歩いた疲れを風呂で癒す・・・

んで・・

ここのお宿の晩飯がヤバかった!

DSC04916

サザエやら、小振りながら人数分のアワビも・・・
残酷焼きでいただく!
旨くない訳がない!

DSC04917
ハマチの頭かと思うくらい、デカいアジが乗ったお造り。
対岸は九州って場所だから、関サバや関アジが捕れる同じ海の恵み!

DSC04914

一行、浴衣に着替え、舌鼓。

DSC04918

更に鍋も付いてて、その具がまたヤバイ。

伊勢海老と草履海老が入ってる・・・・

この時点で、今夜の宿泊費が本当なのか?不安になる。

この上、朝食の味噌汁にも草履海老が半身丸々入ってた・・・

心配してても、しょうがないので、全力で食欲を満たす。

俺は、豪勢なご馳走に興奮し、
一人でご飯3杯を食い、おひつの中のメシを全部平らげ、
皆のご飯が無くなり、〆の雑炊のメシが無いと、ヒンシュクを買う・・・

お宿の人に無理を言って、うどんで〆た。

死ぬほど食った。

宿泊費は、初めにTさんが言ってた通りの値段で、
その安さに、一同驚いた次第。

流石、Tさんプロデュースのツーリングである。


ツーリング帰りの昼食に立ち寄ったのはココ・・・

BlogPaint

開店前から、お客さんが沢山待ってる・・・

DSC04922

炭火やきとりのふかせ。
(もちろん画像のTさんチョイスの店)

DSC04925

DSC04931

楓の木陰に包まれた古民家風の落ち着いた店。

DSC04928

店内はテーブルなどなく、重厚な囲炉裏が5面程あり、
この囲炉裏端で地鶏を焼きながらの食事となる。

DSC04930

DSC04932


味よし!雰囲気よし!演出よし!のお店だった。

誰かを連れて行くなら、最高のお店だと思う。



DSC04935

土産は、宿で食して、旨さにびっくりした蜜柑、「清見タンゴール」
リポビタンゴールドみたいな響きだが、似て非なり。めちゃくちゃ美味しい蜜柑。

このネットにこれだけ詰めてもらって、500円。
かなりお得!


写真をあまり撮るチャンスが無く、今回のツーリングの醍醐味が、
伝わりにくかったかもしれないけど、

ホントに美味いモノ尽くしの、楽しいツーリングだった。




DSC04927


DSC_0571
(ロードエンジェルズ G撮影)

またいつの日か・・・




















 






































mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ