Phrygian cap & Crown SHOP 雑記

ブログ更新苦手なショップ職人兼店長が、意気込んで最低でも週一で何か書くぞ!と始めたショップブログ。

2016年12月

今年も無事、一年を終えようとしてる。


29日で仕事納めして、今年分のお客様への納品も完了!

今年も一年、こんな田舎のアトリエをご愛顧頂き、感謝、感謝です。


アトリエの年末の大掃除も終え、年賀状も出し、
後はこの大晦日をゆっくり過ごすだけとなった。

今年最後の仕事は以下のモノ・・・

DSC04311

ショップでは売り切れとなっている、フィンランドエルクレザーのチョークバッグ。

こいつは、1cm厚の超極厚革で制作した特別仕様。

DSC04312

茶芯ヌメ革を使って制作した、トラベラーズノートのレザーカバー。
中には、カードとペンが収められる、仕切り入り。
ボロボロの傷だらけになる程、使ってこそ味が出てくる革です。

DSC04313

(ご利用、有難うございました!)


俺は今から、大晦日のご馳走の準備です。

DSC04314

豪華!寄せ鍋セット!

DSC04315

秘境の蕎麦と豆腐と蒟蒻!

これら全て、人からの頂きもの!!

人からの温情を受けて、我が家は今年も年が越せるってモンです。

みなさん・・かたじけない!


それでは、良いお年を・・・・



mixiチェック Clip to Evernote

今年もクリスマス・・やっと終わりました。


今年も毎年恒例のケーキ作りと、
娘の誕生日のご馳走作りにヘトヘトです。

DSC04300

これがうち用の今年のクリスマスケーキ。
今年は栗苺!

あと、身内、知人友人に配るケーキと・・・

DSC04295
モカ

DSC04294s
イチゴ

今年は7ホール制作。

年末正月に向けてさらに、7ホール前後制作予定・・とほほ・・・

DSC04292
これは焼き上がり寸前の7号スポンジの様子・・・
型の高さよりも1.5倍くらいは膨らませます。

DSC04290
そんで、焼きあがってから冷ますと1.3倍くらいの高さで落ち着く。

このスポンジ一台から、2、3ホール分のスポンジが取れる。

そんでこれは、娘のバースデーケーキ・・・
DSC04305
チョコにイチゴめちゃめちゃ乗せ。

中のサンドもイチゴたっぷり。

DSC04303

もう・・・ケーキに掛かりっきりで、
23日24日は、ほとんど仕事してません・・・

ホントに疲れた・・・
もう勘弁してほしい感じです・・・


今年の息子らと息子らの彼女達へのクリスマスプレゼントはコレ・・・

DSC04308
肩掛けとベルトから下げるレザーがま口。


ホントに毎年クリスマスはしんどいです・・・

もう、28年くらい、自分の為のクリスマスなんてしてない・・・

俺のとこにも、サンタ・・・こねぇーかなぁ・・・
ミニスカートとか履いたタイプのヤツ・・・










mixiチェック Clip to Evernote

今年一年も、もう2週間切ったね・・・


早いなぁ・・・


今週末にはクリスマスが来るよ・・・
今年も大変だなぁ・・・


先日、少しだけ嬉しいご注文を頂いた。

ネットショップってのは、日本中、いや世界中から、来店してもらい、
注文が入るのは、あたり前なんだけど・・・

基本、海外には販売してないんだけどね・・・

以前、カナダから(日本人の方)ご注文問い合わせがあったけどね。
うちの使ってる宅配業者がカナダは扱えないと言う事で、
その方のご実家(日本)に送った事があった。

いやいや・・何が嬉しかったかと言うと・・

徳島県内の人がうちのショップにご注文を下さった事!

勿論、知人、友人やそれらの人を介して、
モノを売った事は毎度毎度あるのだけど・・・

俺の全く存じ上げない徳島県内のお客様から、
ショップにご注文を頂いたのはショップを始めて5年程なるが、
一度も無かったのです・・・

北海道から沖縄まで、全国からご注文を頂いてるのだけど、
地元、徳島からの注文は一度も無かった。

だから、それが何だか嬉しくてね・・・

ショップを始めて、初めて売れたのはホーボーニッケルのペンダントだった・・・
ショップを開いて半年目の事・・・それまで何にも売れてなかった。
東京の方が買ってくれた。
今でも覚えてる。

東京の見知らぬ人が、俺の作ったアクセサリーを着けてくれてると思うだけで、
凄く嬉しい気持ちになった・・・

そして、今回初めての地元のお客様からのご注文・・・
なんか、嬉しくて。

ずっと、近県の近畿も香川も高知も愛媛も注文があるのに、
徳島からは無いのは何故?って思ってた・・・

うん・・

それだけの事なんだけど、嬉しかった。

DSC04289

さー!
仕事がんばろ!!





mixiチェック Clip to Evernote

今日は一日中雨・・・

真瑠も退屈そうにしてる・・・

もう、半年以上?
いや・・一年以上前くらいから、ずっと思いを巡らせてる事がある。

バイクで一人旅・・・

行先も決めず、日程も決めず、ただその日その日、
思うがままにバイクを走らせて旅を続ける・・・・

仕事も家庭も、ほっぽり出して・・・
殆ど家出みたいだな・・・

皆さん・・そんな、気持ちに憑りつかれた事はないだろうか? 


俺はまさに、その憑き物が、ずっと心の中に今も憑いてる。


そんな旅への妄想を形にしたのが、旅用のワンショルダー。
旅と言えばやっぱりダッフルタイプだと思う・・・・

DSC04281

随分前から、構想しつつ、
少しずつ、少しずつ、制作してきた。

革はフィンランドエルクレザーの5mm厚と1cm厚を使い、
底部分と上部分の二室に分かれてる。
底部分はカメラ等を収める為、緩衝性の高い、1cm厚の革を、
上部分は絞りって閉められるように柔らかい5mm厚の革を。

正面にはライダースジャケットを思わせるDポケットを付ける。

金具には随所にシルバーを贅沢に使った。

Dポケットの前の小さなポケットのコンチョボタンは、
インディアンニッケルを削り出した、ヘルメットスカルのホーボーニッケルを・・
DSC04282

Dポケットのファスナーのチャームには、シルバーのドクロが、
インディアンペニー銅貨で作ったジェットヘルメットを被ってるチャームを。
DSC04283

バッグの上部はフィンランドエルクの革をスリットして、
四つ編みにした革紐で絞れる様に作り、
絞り止めにはモルガンの一ドル銀貨のリングを、
時間を掛けて、赤錆加工にしたモノを。
DSC04284

小さな金具類も950シルバーをふんだんに使った。

DSC04285
DSC04287

DSC04288

ワンショルダーの背負うベルトは1cm厚のフィンランドエルクレザーを、
切りっぱなしで作り、
長さ調節のバックルは950シルバーで制作し、唐草の彫金を施してある。
DSC04286

DSC04264
(バックル製作途中の画)

本当に少しずつ、手間暇掛けて、妄想を形にしてきた。

いつか、妄想は実現するだろうか?・・・

暖かくなり始めた頃に行きたいなぁ・・・・


話しは変わるが・・・

コレ・・・

DSC04253

ロードエンジェルズのGに頼まれて、ライダースジャケット背中に、
チームの看板をレザーの土台を付けて縫い付けたモノ・・・

これを見た、東京の同じくローズのTちゃんが「俺も・・」って事で、
縫い付けを頼んできた・・・

DSC04280

レザーのベストはうちで制作したモノではない。

本来なら縫子の内職じゃないんだから、
縫い付けだけの依頼なんて100パー断る仕事だが・・・
(しかもTちゃんからの仕事依頼はこれが初めて。)

まぁ、次、何かうちで作らせてもらえるだろう事を期待して、
依頼を受けた。

ナチュラルのヌメの上に茶芯の焦げ茶のヌメを乗せて、
その上に看板のパッチを縫い付けてある。

ナチュラルのヌメにはオイルを塗り込み、早くあめ色に焼ける様にしてある。

新品で他所で買ったベストは、俺の所に送られてきた時点で、
縫い目が切れて飛んでたり、革紐が切れてたりしたから、
修理までさせて頂きました。

(Tちゃん、次は、まともなオーダー頂戴よ!苦笑)


あぁ・・・遠くへ行きたい・・・
(し~らない、まぁぁぁちを・・歩いてみぃ~たぁあい・・何処かとぉおおくへ行きぃたぁあい・・♬)







mixiチェック Clip to Evernote

寒いね・・・日々。


うちでスマホ持ってないのは俺だけ。

頑なに拒んでるわけではない・・・
(確かにそう言う、時期もあったかもしれない・・・)

俺と同じく、ずっとガラケーを使い続けていた友も、
少し前に、スマホに変える事を伝えてきた。

俺にそれを、一応伝えてくれるのが嬉しいじゃないか。

俺は、その後もずっとガラケーだけどね。

今日、娘のスマホの調子が以前から悪かった様で・・・
しょうがねぇから機種変更してきてやった。

何なんだろうね・・・
高校生のガキがスマホほぼ100%持ってる時代・・・

俺らの時代はねぇ、ポケベル持ってたら、ブルジョワだよ。

女の子たちは、大学ノート、ひっきゃぶった紙にさ、
切ない恋心を手書きでしたためて、
可愛らしく折り紙みたいに折ってさ、
そっと、友達伝えで渡してくれたもんだったよ。

ライン?かなんか知らんが、
そんなもんで語られる言葉の100倍、心があったと思うよ。

まぁ・・・・

もう・・

いいです・・・

今の時代、それがないと、人とコミュニケーションできないってのなら・・・

もう・・いいです・・・


そんな感じで・・・

機種変更に合わせて、作りたくもないスマホケースを作ったよ・・・
早いけど、コレ、クリスマスプレゼントって事でヨロシク・・・

DSC04261

贅沢にフィンランドエルクレザーを使って作った。
インディアンコンチョと鹿革紐で巻き留める感じのヤツ。

ビーズもアンティークホワイトハーツの色目の良いの着けてやった。

今回、中は、市販のプラスチックの携帯カバーを流用させてもらった。
DSC04262

これ使うと、総革仕上げて作るより、10倍くらい手間いらず・・・
まぁ、この方がスッキリしてて、良いのだろうなぁ・・・
機種変換したときは、このプラッチック変えたら、外装のレザーはまた使えるだろうし。

でも、売る気にはならないから、売り出したりはしないよ。

フィンランドエルクレザー(ヘラジカの革)を使ったのは正解だな・・・

鹿革の床面(裏側)ってのは昔からモノを磨くのに適してて、
セーム革って知ってるだろうか?
鹿革を白く鞣してる革なんだけど、
眼鏡やカメラのレンズを磨くのに、昔はよく使われていた。

古いカメラ屋のオヤジなんかは、
いまだに、「はーっ」って息吹きかけて、
セーム革で磨くのが一番きれいになるって信じてる。

鹿革の裏側ってそんな革だから、
携帯に着いた指紋や油なんか、ちょっと擦れば綺麗になる。

だから、フィンランドエルクレザーで作ったのは正解って事。

俺もそろそろスマホかなぁ・・・
時代の波に吞まれていくのかなぁ・・・

でも、手紙とかは、ずっとずっと、死ぬまで書きたいと思うね・・・


ほとんど、ボヤキだなぁ・・・





mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ