Phrygian cap & Crown SHOP 雑記

ブログ更新苦手なショップ職人兼店長が、意気込んで最低でも週一で何か書くぞ!と始めたショップブログ。

2015年05月

現在、Acid Black Cherry  2015 tour   L -エル- で、
LIVE MUSICIANとして全国を周っておられる、
SHUSE 氏に、このツアー向けに送らせて頂いたアクセサリー達です。

(いつもお世話になっております!)

俺のグズな仕事のおかげで、ご迷惑をお掛けして、
既にツアー終盤に至って、やっと納品完了と言う感じで・・
(申し訳ないです・・)


それでは・・ずらーっと!


R7064191
黒檀、紫檀、シャム柿、楓、鉄刀木、等の銘木を何層も張り合わせて制作した十字架。

R7064173
重ね着けに便利な様に長さを変えて作った天然オニキスのネックレス・・・

R7064154
以前お送りした、青石に次いで、琥珀色の石。有刺鉄線で封じている?・・

R7064023
コインをリンクしたブレスにメダイとマリアのスタチュー・・・

R7064343
今回、一番時間が掛ってしまった「手」のヘッド。
握っているのは、ナチュラルターコイズの原石をナゲットのまま磨いたもの・・・
コンセプトは、無邪気で貪欲な、少年の手。


使って頂いている、ご様子は、SHUSE氏のオフィシャルブログの方で・・・


SHUSEオフィシャルブログ


ツアー中に納品完了できて、ほっと一安心です・・・



koukoku
mixiチェック Clip to Evernote

昨日、出産祝い・・・と題し、オーダー品の可愛いペンダントアップしたが、

それより以前から、随分、時間は掛かったが、これも祝いの品を製作していた。

まずはこのターコイズ・・・

DSC02171

アメリカはネバダ州産のターコイズ。

鉱山名は「ナンバー8」。

もちろん、無添加の美味しいナチュラル素材の原石・・・

アメリカンターコイズを代表する、ターコイズの一つで、
日本でも人気の石である。
(1960年台初頭に閉山し、現在、ナチュラルの石は、手に入り難い希少品となった。)

コイツらの中から一個だけ選び、カット!

DSC02172

ウェブを形成する、マトリックスとなる母岩もカットや研磨で、
欠落する事無く、石質も非常に良好。

今回ナンバー8を選んだのは訳がある・・・

日本語で訳せば「八番」・・・

八と言えば、なんか、末広がりで先々見通し明るく、縁起がよい感じ?

そんな理由で「ナンバー8」なのだ。

コイツを丁寧に研磨して、コインで製作したペンダントフレームに乗っける。

コインも拘りぬいて、1900年代初頭のアメリカのバーバーデザインのコインを選択。

(贅沢である)

DSC02180

コイツを選んだのも訳がある。
このバーバーのデザインから後のコインは、
ダイムもクォーターもハーフもすべて、バラバラのデザインになってしまう。

だから、統一感を持たせたくて、この、バーバーデザインの10セント(ダイム)と、
25セント(クォーター)をペンダントの土台に選んだ。

そいで、これらの土台に、研磨した、末広がりの八番をセット。

DSC02179


コレを、沖縄に住まう、古い友に贈りたい。

普段から、アクセサリーなんか着けない男だったから、
きっと、シルバーのチェーンなんか持ってないと勝手に判断して、
チェーンもセットした。

DSC02178

その友は、この五月に結婚し、秋には待望の子供も授かる。

晴れて、家族をてにいれたのだ。

だから、左から、父ちゃん、子供、母ちゃんで、3個。

同じコインデザイン。
同じ一個の原石から切り出した八番の石3つ。

家族で作っていく幸せが、いつまでも続いていくように祈って製作した。

家族みんなで使ってもらえたら、これまた、職人冥利に尽きる。

製作に時間が掛かって、少し遅くなったが、

結婚、おめでとう。
夫であり、父となり、一家の大黒柱になるのだから、
責任もって、家族を守ってください。

末永い幸せを願って・・・

DSC02181








mixiチェック Clip to Evernote

友人から・・・

知人にこの度、子供が生まれて、
何かお祝いを贈りたいので作ってくれとの依頼。

女の子なので、記念になる、可愛いペンダントでも・・・との事。


んで・・・

製作させていただいた。


DSC02164


これ。

DSC02165


相変わらず、写真へぼいなぁ・・・


マーキュリーダイムのスマイルと花形の銀板に小さなターコイズ、
お名前とお誕生日。

コレを、鹿革紐に通してお渡しする予定。


俺の周辺でも、今年はおめでたい話が多い。

親戚の出産。
友の結婚と出産。

お祝いにお金を贈るのが一番、喜ばれるかもしれない。
実際、一番役に立つ。
それは否定しない。

でも、後で何に使ったか分からなくなるお金よりも、
何か、形として残る物を贈るのも、
俺は、良いと思う。

あー、あの人があの時にくれた物だねって事になる。

ペンダントを受け取る本人が、大きくなった時に、
気に入って着けてくれたら、職人冥利に尽きる。










koukoku
mixiチェック Clip to Evernote

フリジアンキャップ&クラウンをネットショップとして立ち上げたのは、
2011年の4月だった・・

ふと・・・「もう4年以上も、こうやって続けてこれてるんだ・・・」と思う・・・

ぼんやりと、いつも着けてる小指のリングに打ち込んだ、
アトリエの刻印を眺めてたら、そんな想いが・・・

ホントかどうか知らないが、ネットショップの閉店率・・・
3年を待たずに50%以上が消えて行ってるって何かで読んだ事がある。

そして、成功したと言える様なショップはわずか数%しかないとも・・・

俺のアトリエは・・・消えてく50%にも入ってない、
成功した数%にも入ってない・・・その他だ・・・

成功なんて、程遠い状況の中、気付かないうちに、
のらりくらりやってたら、閉店率50%と言われてる3年を超えて、
4年を超えて、5年目に突入してる。

んで、思った・・・

一度もショップの改装したこと無い・・・
一度もメルマガ、出した事ない・・・

駄目駄目オーナー。

そら、儲かる訳ねぇわ。

いまだにスマホも持ってない。

ありえないね・・・俺。

取りあえず、ショップの改装を試みようと思う。

きっと、凄く時間かかって、なかなか進まないと思うけど、
俺しか、やる人居ないし・・・
頑張ろう・・・・
うすーく、期待しててください(苦笑

この約、四年間・・・
思い起こせば、いろいろな事があったし、
いろいろな出会いや別れ、
繋がったご縁、切れたご縁・・・

これからも続いていくんだろうなぁ・・・

正直、人付き合いは・・・下手だと思う・・・
歳食って、下手になっていった?・・・
いや・・・下手なんだと歳を食って気付いたんだ・・・

そんなだから、ネットでモノを売ってるのかも知れない。

DSC02163

作業してる時も着けてる小指用のリングと、
ショップを始めた頃に、アトリエの刻印を打ち込んだ、ダンヒルの銀製オイルライター。

ライターをすぐに失くすから、首から提げるチェーンもその時に付けた。

リングは、厚めの銀板に、うちの刻印を打ちまくったもの。
このリングと同モデルはこれ以外に1本しか作ってない。
特別仕様で、そいつには18金の小さなメダルが付いてる。

今も使われてるだろうか・・・

いろいろな事を一人で思いながら、
店の改装・・・頑張らなきゃって思う一日。

何となく、5年目を迎えておりますが、
これも、温かい目で、お付き合い頂いて来た、
皆様のおかげです。

これからも当アトリエを、ご贔屓に・・・

宜しくお願いいたします。








koukoku
mixiチェック Clip to Evernote

ゴールデンウィーク明けから、

上手くいくかどうか分からないけど、八月におっきな仕事を控え、
その準備に、日々忙しくしております。

時間はたっぷりあるはずなのに、プレッシャーが大きくて、
妙に焦ってたりします・・・



今日は、オーダー品のターコイズペンダントを製作しておりました。

これも、随分時間が掛かってしまいましたが、
何とか完成。

DSC02146


ハイグレードのナチュラルキングマンターコイズ(バーズアイ)と、
ハイグレードのナチュラルマックギニスターコイズの一朱銀ペンダント。
DSC02144
どちらも、ホントに良い石です。

後ろのナチュラルターコイズラフ原石から切り出し、研磨しています。

キングマンでハイグレードと言うと、ブラックマトリックスの細かいウェブが掛かった物が、
人気ですが、こんなウォーターウェブのバーズアイもホントに綺麗です。

DSC02153



それと、このマックギニス、非常に石質が良いです。
カットした石同士がぶつかると、「キーン」と金属の様な音がする。
非常に硬度があると分かります。

DSC02152

そんでもって、やはり土台は、江戸時代の銀貨、一朱銀。
以前、一分銀のターコイズペンダントはご紹介しましたが、
今回は女性がつけるという事で、プチペンダント的な一朱銀で製作。

・・・とは言っても、一分銀も一朱銀も、大きさ分からないですよね・・・

必殺仕事人で、中村主水(なかむらもんどってこんな字だったっけか?)が、
仕事の代金を受け取る時、小判じゃない時に、よく一分銀が出てたでしょ?・・・

・・・・

・・・


(って・・なんの話??)

まぁ、いいです。

画像貼れば良い事ですね。

DSC02155

こんな大きさです。

ホントに一朱銀は可愛いペンダントになります。


まだ、このタイプのペンダントはショップには出していませんが、
(貴重なナチュラルターコイズの作品なので、どう売るべきか、悩んでる・・・)
ナチュラルの原石を見て頂いてから、購入してもらいたい思いがあるので、
現在はお客様に原石の画像と、それをざっと磨いた感じの画像を送って石を選んでもらってます。

また、お気軽にお問い合わせ、お待ちしております。











koukoku
mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ