Phrygian cap & Crown SHOP 雑記

ブログ更新苦手なショップ職人兼店長が、意気込んで最低でも週一で何か書くぞ!と始めたショップブログ。

2014年10月

ここ数日、この仕事にかなりの時間を費やしてきたが、

努力が報われた感じです。

実は、とあるご縁で、メジャーで活躍するプロミュージシャンの方に、
俺のハンドメイドアクセサリーを使って頂ける事になった。

田舎の、職人一人の小さな工房で作られたアクセサリーが、
気に入って頂けて、本当に有難い事です。

その使って頂けるミュージシャンと言うのは、
La'cryma Christi(ラクリマクリスティー)のベーシストであり、
†я i ¢к (トリック)のベーシストである、SHUSEさん。
SHUSEオフィシャルブログ

実際に大阪のLIVE会場にお邪魔して、
出番終了後のお疲れのところ、時間を割いて頂き、
俺のアクセサリーを見て下さった。

お見せしたところ、直ぐに気に入っていただき、
短期間で必死に準備した三点のアクセサリーは、
全てお渡しする事が叶った。
(ほんっとに、ありがとうございました!!)


大阪のLIVE会場で見せていただいた†я i ¢кのLIVE、
めちゃめちゃパワフルで、SHUSEさんのLIVEパフォーマンスも圧巻!!

初めて生で見せていただいて、「なんじゃこりゃー!!」って感じで、
この年になって、久々に体の中に何とも言えない、湧き上がる熱い感情が・・・

出番終了後に間近でお会いした時、
ステージで大暴れするSHUSEさんの存在感に対し、
実際は華奢な印象を受け、
何処からこのパワーが出てくるのかとそのギャップに驚かされた。

本物のプロミュージシャンの存在感に驚愕した一瞬だった。

やっぱ、スゴイ。

んで、今回お渡ししたアクセサリーが以下の三点・・・

RIMG3928

RIMG3946

RIMG3933

RIMG3936

うちのショップで並んでる作風とは明らかに一線を隔す作品。

ロックテイスト、ゴシックテイスト、自分の持てる引き出しを最大限に形にしてみた。

全部使ってくれると、受け取ってもらえた時、
ホントに苦労が報われたと感じた一日だった。

今回のご縁を大切にし、
今回のご縁を作ってくれた全ての人に感謝!!

また、機会を見て、ショップサイトの方にも、今回の件、アップしたいと思う。






koukoku
mixiチェック Clip to Evernote

ショップは明日はお休みをさせていただきます。

コイツ、また遊びに行くだろう?って思われてるかもしれませんが、

仕事です。


うちとしても、初めての試み。

ここ数日、その仕事の為の準備に追われ、体力も精神も時間も、

随分、すり減らして、今もまだ、その準備は終えていない。

精神的にも非常にナーバスになってる。

明日が勝負。

始めは軽い気持ちだったかもしれない。
仕事になるかも知れない事が決まってからは、
時間を追う毎に、プレッシャーがドンドン重くのしかかってきた。

物を作る手は震え、緊張が拭えない。
胃はキリキリ痛む。

アイデアは頭の中に沢山ある。
後はそれを形に生み出すだけ。

通用するか・・・通用しないか・・・

今は少ない時間でどれだけの事が出来るのか
やれる事をしっかりやっておく。

RIMG3931

後は祈る事のみ・・・



mixiチェック Clip to Evernote

今日は天気が良いので、布団を干してる。

RIMG3916


と言うのも、一昨日、奈良に住まう古い友人が、10年振り位に遊びに来てくれて、
家で泊まって貰うよりも、独身時代の様に気兼ねなく過ごしてもらえるように、
アトリエで俺と二人で寝泊りしてもらった。

滅多に此処に寝泊りする事は無いが、寝泊り出来る住空間は存在している。

布団を使う事も滅多にないので、使った後くらい干そうかな・・・って。

本当に久しぶりで、昔の事、仕事の事、家族の事、暮らしの事、
いろいろ話も弾んだ。

アラフォー・アラフィフともなると、若い頃とは違って、
「今後を生きる。」的な話題が主になる。

この友は大きな商売をしている。
苦労も多くしてきているが、
成功者である事は間違いない。

俺みたいにチンタラのほほんとは生きていない。

それでも、今を生きる、これからを生きる話題には、真剣に頭を悩ませる。

俺とて、彼同様、今後が心配な風前の灯のような(笑)生活である。

悩み多き年頃とはわれわれ世代の事だ。

俺は何泊もしてもらいたかったが、仕事に追われる友は、
一泊で此処を去ってしまった。

またゆっくり会える日を約束し・・・


今日は布団を干しながら、
以前にお客様にお送りした商品に加工上の問題があった事を
ご指摘頂き、返品交換する為の商品を準備していた。
(誠に申し訳ございませんでした。)

返品に伴う返品送料をこちらへの着払いを申し出ていたのだが、
お客様が、気を使っていただいて、元払いで送り返してくださった。
(ほんっとに、申し訳ないです・・)

んで、このまま商品交換だけして送り返すのもイカン!と思い、
ショップの商品ラインには存在しない商品を、
お詫びと言っては何だが・・同梱してお送りすることにした。

RIMG3917

自分の手で作っているものだから、
自分の手から生み出されたものだから、
出来る限りの責任は負いたいと思っている。









mixiチェック Clip to Evernote

訳あって、ターコイズのお花型の小さなペンダントヘッドを作った・・・
と言うか、作らされた。

R7063911

しかも、与えられた時間は25分以内でと言うこと・・・
(仕事しまいがけに・・・)

銀材をぶったたき、花形に潰す。
裏にうちの刻印を打ち込む。
石に合わせてフクリンを作りロウづけ。
丸カンを穴を開けて通し、ロウづけ。
酸洗いをして、磨く。
(時間が無いので磨きが甘いのはご勘弁。)
最後にターコイズを嵌めて、フクリンを叩いて絞って石止め。
時間が無いので、ちょっぴりだけ、磨いて、
ハイどうぞ!!

素敵か素敵でないか、可愛いか可愛くないか、
そんな事よりも、20分でやりあげた自分を褒めてやりたい。

身内、知り合いは、結構無理を言う・・・

これが今夜、誰かの首元にぶら下がって、喜んでくれるならそれでいいや・・・







mixiチェック Clip to Evernote

何とか。作り上げました。

とにかくデカイ、特別サイズ・・・

慎重に、慎重に叩き上げて延ばして・・・
当初、幅6mmを切ったら製作中止を約束してたので、
幅は約7.5mmで、内側の模様も極力残す様に、何とかやりあげた。

R7063904



片方にはターコイズをフクリンで留め、
もう片方はアトリエマークの一つ、月の刻印が入ったコンチョ。

R7063901


R7063902


このサイズ・・・もう受けたくない。





koukoku
mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ