Phrygian cap & Crown SHOP 雑記

ブログ更新苦手なショップ職人兼店長が、意気込んで最低でも週一で何か書くぞ!と始めたショップブログ。

2013年05月

週に一度は頑張って更新せねば!と言う思いで、何とか続けておりますブログ・・・

油断をすると、一週間なんて早い早い・・・

慌ててブログネタを探してみたりする訳ですよ。

実はここ2、3日、持病の痛風発作が起こり、
トイレに行くのさえ、タクシーを呼びたくなる状況でして・・・

歩く事も侭ならない中、痛みと戦いながら仕事をこなしておりました。


痛風の事はまぁ、さておき・・・

今日は俺のカメラコレクション(ガラクタ収集)の中から、魅力的な一台をネタに・・・

R0012635

アグファ フレキシレッテと申します。

なんだか、タテ目二つの怪しい姿・・・妖怪の様な面構えですが、
ビューレンズとテイクレンズをタテに並べた、こいつ、立派な二眼レフです。

R0012637

アグファのマークもしっかり付いてます。
アグファと言うとフィルムメーカーのイメージですが、
いやいや・・なかなかしっかりしたカメラを作ってたんです。

ファインダーはこれまた、二眼レフには当たり前のウエストレベルファインダーが付いてます。
(上から覗き込む奴ですね。)

上の蓋をパカンと開ければ、こんな感じでファインダーが現れます。

R0012645

そんでもって、そっと上から覗き込むと・・・

R0012643

じゃーん!

小さくて見難いのは否めませんが(老眼少しはいってきてるし・・)

ほら!
ほら!

ドラマチックな景色がそこに映りこんでる訳ですよ~

(今回のモデルは、福を招いてくれたと言う記憶はまったく無いが、俺が何故かずっと持ってる招き猫君です。)

ウェストレベルファインダー・・・俺、大好きなんです!

何か・・懐かしいと言うか・・
切ないと言うか・・・
そこに映し出された光景は、古い8ミリフィルムの映画のワンシーンを見てるような・・・

とにかく、このファインダーで覗く、人の笑顔が、大好物なのです。
(招き猫笑ってませんが・・)


今回、こいつで撮った作例が見当たらず、載っけてませんが、
ホントによく写るカメラなんです。

また今度作例もお見せします。

時間が出来たら、コイツのカメラケースも製作するつもりです。
カメラケースが無いので持ち歩き難いですし・・

アグファ フレキシレッテ・・・おすすめカメラです!






koukoku
mixiチェック Clip to Evernote

自分所有のROBOT ROYAL Ⅲのレザーカメラケースを試作してみました。

素材は牛革のクロコダイル型押しレザーで、アンティークな感じにも高級感も出しつつ・・・

R0012612

このロボットロイヤルⅢはロボットの中でも、フラッグシップモデルと申しましょうか・・・
距離計を内蔵しており、ロボットに多い目測での撮影をしなくてすむ、優れものです。

作りも質実剛健、(めちゃめちゃ重いんですけどね・・)ゼンマイ式の連写もあり、
さすがドイツのカメラと言ったところです。
人に言わせれば、ライカを凌ぐ作りとまで言わしめるそうです。
R0012613

重いくせにストラップを掛ける耳も付いてないので、ケースが無いとなかなか持ち出せない代物で、
今回試作もかねて、自分の好きな革で製作してみました。

非常に具合がよろしいです(笑

同じロボットロイヤルをお持ちで、ケースの無い方・・・
お問い合わせお待ちしております!

最後に、今年初の、うちの庭で咲いた睡蓮の画像で〆たいと思います・・・

R0012620
                                (RICOH GR digitalⅢ)

もう・・夏だなぁ・・・。





koukoku
mixiチェック Clip to Evernote

オーダー品のバルナックライカ型のケースです。

写真のカメラは Leica Ⅲa 型です。(カメラはワタクシのモノです・・)

R0012610

しっとりとした手触りのオイルヌメを使い、丁寧に手縫いで仕上げてあります。
ケースの他に、同じ革を使って製作したレザーストラップとレンズキャップホルダーを製作。

ライカの純正レンズキャップって、直ぐに失くしそうになるし、
失くすと次ぎ買うのに、高いですから・・・

勿論、トップカバーも同じ革で製作しました。

R0012611

アンティーク感を、確り出すと言うのがコンセプトでしたので・・・
如何でしょう?
こんな感じで・・・

オイルヌメは、経年変化も致しますし、それに合わせて、金具類も全て真鍮無垢材を使用しました。

いつも遊んでばかりじゃ御座いません。時々ちゃんと仕事してます。(笑





koukoku
mixiチェック Clip to Evernote

撮り溜まってたモノクロネガフィルムの現像をした。

出掛けた先で、なんとなく入ったカフェで撮った写真があったので・・・

一軒は古民家をカフェにしたお店。

高級品ではないが、リアルに古い椅子やテーブルを使ってて、
落ち着いた雰囲気・・・
IMG_0021

                  (OLYMPUS OM-1n     ILFORD FP4 PLAS125)
店内は薄暗いが、古民家ならではの、格子からの自然光が入り込み、落ち着く・・・

IMG_0001
                                                      (OLYMPUS OM-1n     ILFORD FP4 PLAS125)
 

ここでコーヒーゼリーを頂いた。
松の実がアクセントになって、美味しかった。

もう一軒は、白い壁に木の温もりを感じる、明るいお店。

壁に小さな棚をいくつも設け、さりげない小物を飾りつけてた・・・

IMG_0004
                   (MAMIYA Sketch     ILFORD FP4 PLAS125)
        

ここは、なんだか女性のお客さんが多かったなぁ・・・
IMG_0003
                  (MAMIYA Sketch     ILFORD FP4 PLAS125)
                                 


このお店お勧めって書いてた店名を冠したブレンドコーヒーを頂いた。

お勧めだけあって、確かに美味しかった。

モノクロで撮ったカフェ。
また、何処かで撮ってこよう・・・

mixiチェック Clip to Evernote

今日上がってきたポジフィルムに、アトリエの写真があったので、
ちょこっとブログにのっけてみます・・・

こんなとこでモノ作ってんだなぁ・・・程度に思っていただければ・・・

片付いてなくて、汚いですが・・・

IMG_0033

彫金用の机です。
自分でこの机も作りました。
かなりしっかりしてて、ガンガンやってもビクともしません。

IMG_0032

かなり見た目古いですが、革用のミシンです。
現役でバリバリです。
手縫い作業が殆どなので、滅多に使いませんが・・・

IMG_0034

グラスビーズ製作用の酸素バーナーと彫金の機械です。
片付いてませんね・・・

IMG_0036

グラスビーズと彫金に使うバーナーに、酸素を供給する酸素ボンベです。
人、一人が突っ立てるくらい、デカくて邪魔ですが、無いと困ります・・・
横に写ってるお面は・・・・・
見なかった事にしてください・・・

IMG_0035

アトリエの照明と壁と天井・・・です。
電気工事以外の内装は全て自分でやりました。
手作り感もあいまって、狭いですが居心地良いです。

とまぁ、こんなとこで、一人篭もって仕事してます。

最後に、うちにまったく関係ないですが、
チューリップ畑で気持ち良さそうに回ってた風見鶏の画像で〆たいと思います。
IMG_0028

ではでは・・・




koukoku
mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ