Phrygian cap & Crown SHOP 雑記

ブログ更新苦手なショップ職人兼店長が、意気込んで最低でも週一で何か書くぞ!と始めたショップブログ。

以前、商品ラインナップされていた、コンデジ用のレザーカメラケースがありまして・・・

結構人気商品だったのですが、金具や仕様の変更に伴って、ラインナップから外しておりました。

このところ、そのケースの製作を試行錯誤しながらやってます。

以前のモデルはこんな感じで・・・(今回も殆どパッと見た目は変わらないのですが・・・)

RIMG0818

前金具に以前はギボシと言う金具を使ってたのですが、
今回やっと準備できたヒネリ金具に変更した事が最大の変更点です。

カメラケースになどに使う金具は全て、真鍮無垢材金具を使用すると言う拘りはそのままに、
やっと、真鍮無垢材のヒネリ金具を、装備できました。
R0012724

これにより、ケースフラップの開閉がスムーズになる上に、
重厚感と高級感とアンティーク感が加わった様に俺は感じてます。

R0012725


如何でしょう?
安っぽいメッキ金具ではありません!紛れも無く真鍮の無垢材で出来てます。

まだ、ケース自体は出来上がっていませんが、
私が使っているフィルム時代のGR1vのサイズに合わせて製作しています。

ペンタックスリコーからも新型GRが発売になりましたし、
こちらもサイズ的には綺麗に収まるサイズとなっております!

まだ製作途中ですが・・・こんな感じで・・・
R0012727

3mm厚の一枚革のオイルレザーを本体に贅沢に使い、
サイドは5mm厚のオイルヌメを使って製作しています。

セミハードケースと言っても過言ではない、しっかりした作りで仕上げますので、ご期待ください。


ただ・・・問題が一つ・・・
商品撮影する為のモデルさんがまだ見つかってない事・・・

いつも商品撮影のモデルさんには困ってます・・・
なかなかお願い出来るような方も居ないので・・・

以下の画像は旧モデルのカメラケースをモデルさんにお願いして撮影したモノ・・・
kameratote




koukoku
mixiチェック Clip to Evernote

ブログ更新が怪しくなると、慌てて、ネタを探す癖・・・ちゃんと直さないと・・・

この先続けられないぞ!と自分に言い聞かせながらも、今回もカメラネタで・・・

私の珍品、ガラクタ、防湿庫のコレクションより、今回は豆カメラを・・・

敗戦直後の物資不足時代、フィルムが貴重だった頃に16mmと言う小さなフィルムを使う、
豆カメラがもてはやされた時代があったそうな・・・

その頃、豆カメラと言うと、今で言うトイカメラ的な玩具カメラが主流だった頃に、
理研光学、現在のリコーが作った、本気豆カメラです。

R0012681


ステキーって名前のカメラ・・・(私の持ってるのはステキー最終モデルのⅢB)
画像のもの、カメラ本体、望遠レンズ、フードやらキャップやらフィルターやら・・・
全部合わせても、片手の平に収まる小さなカメラです。

小さいながらもずっしりと重い金属ボディーは高級カメラの証!

シャッタースピードも絞りも、ちゃんと動くし、ちゃんと機能してる。

16mmフィルムってどんなに小さいものか?って・・
そりゃ、一円玉の直径よりも細いフィルムです。

R0012686

カメラの横に並べてみた白黒ネガです。

駒にはちゃんと画像が写ってます。

ほら!

IMG_0004

ほら!(ピントの置き場が怪しいのはご愛嬌で・・)

IMG_0005


こんな小さなフィルムでも猫ヒゲまでちゃんと解像してる。

リコーは昔っから凄いんです。

凄いからこそ、当時の警視庁犯罪科学研究所から依頼され、このステキーをベースに、
ハンケンと言う名の隠し撮りスパイカメラの製作を依頼され、実際に作られてた程。

そう!ステキーはスパイカメラなのです!

今現在、このカメラで写真を撮って、こうしてネットにアップする事は、結構大変な事なんです。

その一、まず、16mmのフィルムを用意しなければならない。(市販されてません)
その二、撮ったフィルムを現像しなければならない。(16mmの現像は何処もしてくれません。)
その三、出来上がったネガをフィルムスキャナーで取り込まねばならない。

と、こんな感じでしょうか・・・

このカメラを買う時、よく行くカメラ屋のおやじさんにも言われました・・・
フィルムも手に入らないし、現像も自分でしなきゃならない。
今では使いようの無い、飾りにしかならないカメラだよって・・・

でも、ちゃんと写真にして、おやじさんのところに見せに行ったら、
非常に喜んでくれた。

興味のある方、まずはカメラから探してみてくださいね。
中古を手に入れる時の注意点としては、

レンズが綺麗な事や機能が正常に動作してる事は勿論ですが、

R0012682

画像に見えます、専用のフィルムパトローネ(フィルムケース)。
これが2個、チャンと揃ってる物を買ってくださいね。

って・・・

こんなめんどくせーカメラで遊ぼうなんて思う、俺みたいな人、
そんなに居るもんじゃないですね・・・

でも、凄く魅力的なカメラなんですよ。








mixiチェック Clip to Evernote

今回もカメラネタで一つ・・・

リコーが昔、ハーフカメラを作っていたのはご存知だろうか?・・

リコーオートハーフって言うカメラです。

ハーフサイズで撮れるカメラのブームに乗っかって、
当時大変ヒットしたカメラです。

外装を少し飾る事で、様々なバージョンを生み出し、
(万博バージョンとかいろいろな時代ものに乗っかって作ってた。)

機種もオリンパスのペンシリーズに負けずに沢山出てます。

しかし、今回紹介したいのは、オートハーフシリーズの中でも、
特に異彩を放っていた、オートハーフSLと言うモデルです。

R0012646


従来のオートハーフとは違い、大口径レンズを入れたそのルックスは、
未来的と言うか・・(1960年~70年台の頃から見ればね!)なんとも主張が強いデザイン!

俺はこのカメラを見ると、いつも昭和の頃のブラウン管の14インチくらいのカラーテレビの姿がカブル。

R0012647


今の時代からすれば、なんだか玩具っぽさが勝ってて、
なぁんだ・・・トイカメラか・・・と言われそうですが・・・
当時としては、オートハーフシリーズの中では、リコーの本気カメラだったのです。

GRシリーズを世に生み出したリコーのカメラ、侮る事なかれ!

ゾーンフォーカスは意外とピント合せが難しいのですが、
ピントが合えば・・・

IMG

  (RICOH Auto half  Kodak gold 400)

これくらいは撮れてくれます。

可愛くて、楽しいカメラです。



mixiチェック Clip to Evernote

週に一度は頑張って更新せねば!と言う思いで、何とか続けておりますブログ・・・

油断をすると、一週間なんて早い早い・・・

慌ててブログネタを探してみたりする訳ですよ。

実はここ2、3日、持病の痛風発作が起こり、
トイレに行くのさえ、タクシーを呼びたくなる状況でして・・・

歩く事も侭ならない中、痛みと戦いながら仕事をこなしておりました。


痛風の事はまぁ、さておき・・・

今日は俺のカメラコレクション(ガラクタ収集)の中から、魅力的な一台をネタに・・・

R0012635

アグファ フレキシレッテと申します。

なんだか、タテ目二つの怪しい姿・・・妖怪の様な面構えですが、
ビューレンズとテイクレンズをタテに並べた、こいつ、立派な二眼レフです。

R0012637

アグファのマークもしっかり付いてます。
アグファと言うとフィルムメーカーのイメージですが、
いやいや・・なかなかしっかりしたカメラを作ってたんです。

ファインダーはこれまた、二眼レフには当たり前のウエストレベルファインダーが付いてます。
(上から覗き込む奴ですね。)

上の蓋をパカンと開ければ、こんな感じでファインダーが現れます。

R0012645

そんでもって、そっと上から覗き込むと・・・

R0012643

じゃーん!

小さくて見難いのは否めませんが(老眼少しはいってきてるし・・)

ほら!
ほら!

ドラマチックな景色がそこに映りこんでる訳ですよ~

(今回のモデルは、福を招いてくれたと言う記憶はまったく無いが、俺が何故かずっと持ってる招き猫君です。)

ウェストレベルファインダー・・・俺、大好きなんです!

何か・・懐かしいと言うか・・
切ないと言うか・・・
そこに映し出された光景は、古い8ミリフィルムの映画のワンシーンを見てるような・・・

とにかく、このファインダーで覗く、人の笑顔が、大好物なのです。
(招き猫笑ってませんが・・)


今回、こいつで撮った作例が見当たらず、載っけてませんが、
ホントによく写るカメラなんです。

また今度作例もお見せします。

時間が出来たら、コイツのカメラケースも製作するつもりです。
カメラケースが無いので持ち歩き難いですし・・

アグファ フレキシレッテ・・・おすすめカメラです!






koukoku
mixiチェック Clip to Evernote

自分所有のROBOT ROYAL Ⅲのレザーカメラケースを試作してみました。

素材は牛革のクロコダイル型押しレザーで、アンティークな感じにも高級感も出しつつ・・・

R0012612

このロボットロイヤルⅢはロボットの中でも、フラッグシップモデルと申しましょうか・・・
距離計を内蔵しており、ロボットに多い目測での撮影をしなくてすむ、優れものです。

作りも質実剛健、(めちゃめちゃ重いんですけどね・・)ゼンマイ式の連写もあり、
さすがドイツのカメラと言ったところです。
人に言わせれば、ライカを凌ぐ作りとまで言わしめるそうです。
R0012613

重いくせにストラップを掛ける耳も付いてないので、ケースが無いとなかなか持ち出せない代物で、
今回試作もかねて、自分の好きな革で製作してみました。

非常に具合がよろしいです(笑

同じロボットロイヤルをお持ちで、ケースの無い方・・・
お問い合わせお待ちしております!

最後に、今年初の、うちの庭で咲いた睡蓮の画像で〆たいと思います・・・

R0012620
                                (RICOH GR digitalⅢ)

もう・・夏だなぁ・・・。





koukoku
mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ