Phrygian cap & Crown SHOP 雑記

ブログ更新苦手なショップ職人兼店長が、意気込んで最低でも週一で何か書くぞ!と始めたショップブログ。

先日のロードエンジェルスキャンプの際に、
東関東のリーダーから、仕事の依頼を頂いてた。


壊れてしまったウォレットチェーンのナスカンの取り替えと、
年季の入ったヌメのウォレットのコンチョ制作。

DSC09910

シルバー950製のうちオリジナルのナスカンに寄り戻し機能を着けて、
これも長年使って来たと見られるウォレットチェーンに装着。

コンチョは、ロードエンジェルスのトレードマークの跳ね馬に天使の銀バッジを、
コンチョにして取り付け。

ヌメ革製の年季の入ったミディアムサイズのウォレットは、随分ヤレてて、
あと何年頑張れるかなぁ?って感じなんだが、
ご本人がこの財布に!って事で、着けさせていただいた。

革がもう、張りを失ってて、やや不安があるので、
コンチョの裏ネジは専用接着剤でロックさせてもらった。

気付かない内にネジが緩んで、大切なバッジを落としてしまわない様に・・・
(恐らく今度コンチョを外す時は、財布に死んでもらわないと外せないかも・・・)

DSC09911

当アトリエ制作のナスカンとロードエンジェルスのバッジコンチョ。

誰がデザインしたかは、聞かされていないが、いつ見ても綺麗なデザインだと思う。

このバッジは、当アトリエがこのデザインをトレースして新たに生み出したモノだが、
基本的に、俺の一存で製品化できない、ロードエンジェルスとの約束になっている。

このバッジ直径4cm、厚みは3.5mmの銀の塊みたいなヘビー級バッジだが、
元々昔からあった、直径6cm程の巨大バッジも存在する。
この型も現在は当アトリエが大切に管理保管している。
勿論、こっちの巨大バッジも、ロードエンジェルスの許可なしには、
何も製品化できない事になってる。

今回のキャンプで、アーサー牧師に、
「シローお前、バッジの型持ってるんだろ?アレ使ってなんか作れよ。」
なんて、軽い感じでお話しいただいたが・・・

そういう簡単な事じゃないし、ロードエンジェルスの依頼が無い限り、
どうにかしようなんて気持ちは全くない。

だから今回このバッジを使ってコンチョを作るのも、アーサー牧師とロードエンジェルスリーダーに、
許可を貰って制作している。

でも、ホントにカッコいいデザインだと、作り手の俺としても思う・・・

(商品、準備出来てます!明日発送します!)


昨日は、朝からバイクのオイル交換に、香川の高松まで出かけてました。

走行距離は殆ど伸びてないのだけど・・
もう・・1年以上、オイル交換してなかったので、ちょっと不安で今回行って来た。

R7066458

エンジンオイル、プライマリーオイル、ミッションオイル、エレメント・・・

今回は総替え・・・


もう9月も中旬って事で、Tシャツにスカジャンひっかけて、
走ってきたが・・・

それでも、暑かった・・・

でも、秋はあと少し・・・
革ジャンが入らないから、今月はダイエットに必死。
ダイエット始めて10日くらいで4kg落としたが・・
それでもまだ、革ジャンがスっと入らない・・・
50を迎える来月までには、何とか痩せたいなぁ・・・
じゃないと、また誕生日に野菜サラダだけなんて、ひもじい寂しい思いするから・・・(苦笑










mixiチェック Clip to Evernote

15,16,17日の日程でアーサーホーランド牧師のモーターサイクルクラブ、
 The Lord's Angels の毎年恒例のキャンプが行われた。

・・・・のでした・・・・

と言う事で、毎度の事ながら、部外者の俺は16日の夜の宴会途中に、
まさにお邪魔しただけなもんで・・・

今年は徳島と言う事で・・しかも鳴門・・・
うちのアトリエから車で5分くらいの場所・・・

アーサー牧師の「来いよ!」の一言でお邪魔させて頂きました。

まぁ俺も今回で、3度目のロードエンジェルスキャンプへのお邪魔・・・

目立たない様に、宴会場末席の隅っこからそっと参加して・・
おとなしくしてたつもりなのですが・・・
通りがかる、知ったお顔のメンバーさん方と、軽く握手と挨拶を交わさせて頂き、
和やかな雰囲気の中、いつものアーサー牧師の軽妙ながら、奥深いメッセージを聴かせて頂いた。

現在のThe Lord's Angelsリーダーの”G"を含め、
The Lord's Angels 四国のメンバーさん達は、
比較的?やや?かなり?極悪で癖の強いメンバーが多いのだが・・・
アーサー牧師は、そんなThe Lord's Angels 四国を随分気に掛けてきたと言う話が印象的だった。

今回はその四国がホスト役の徳島キャンプ。

うん・・・確かに・・・俺が知る限りのローズ四国の面々は・・・
今にも飛び掛かって来・・・いやいや・・やんちゃな方々が多いなぁ・・

まぁ・・・出来の悪い子ほど、可愛いと言う事かな・・・
(いやいや・・失言・・)

と・・・一人、宴会場の隅っこで、少しだけシャッターを切りながら、想っていた。

DSC09888

DSC09887

和室の宴会場だろうが、どこだろうが、
やっぱりアーサーホーランドとしての姿は変わらない・・・
流石である。


宴会も終わり、皆さん解散かと思いきや・・・

皆さん、近くの海岸へ・・・

DSC09895

思いっきりキャンプファイヤー!

暗闇の端っこからシャッターを切ってた俺に、
アーサー牧師は近づいて来てくださり、
色々と話してくださいました。
ひょっとしたら、俺がほとんどしゃべってたかもしれないんだけど・・・
色々抱えてた思いが解ける様な会話の時間となった。

貴重な時間・・・
俺なんかに割いて頂き、ありがとうございました!!

最後に皆さん集まって、お開きって感じだったので、

DSC09909

お邪魔してた俺は、そっと姿を消したとさ・・・

The Lord's Angels の皆さん、お邪魔しました。
ありがとうございました!

そして、アーサーホーランド牧師、
いろいろとお話しくださって、感謝しております。


本当に有難うございました!!
















mixiチェック Clip to Evernote

台風は先の予報よりは、勢力が大きくならず・・・
でも、着々とこっちに近づいてる様子・・・

それでも、935ヘクトパスカルって・・・
強めだな!

どうか、家とアトリエがバラバラなりませんように・・・

先日、お問合せを頂いていた、韓国のお客様・・・

俺が英語が出来ないので、お断りしていたのだけど、
なんと!日本語でメールを送って来て下さいました。

日本にご友人がお住まいとの事で、そこに商品を送ってもらう事なら可能か?
との、ご依頼。

早速、こちらも、やっぱり日本語のメールで、仕事を受けさせていただく旨をお伝えし、
ご注文を頂ける事になった。

本当に、有難い事です。

んで、お客様のご希望の仕様で、カメラケースを制作。

今回は、ツァイスイコンのタクソナと言うカメラのカメラケース。

国内注文であれば、お客様にフィッティングテストの為に、
カメラ本体をお預かりするところだが、今回は、海外注文である為、
カメラのお預かりは出来なかった。

しかしながら、こちらも何度か制作した事のあるモデルなので、
慎重に制作させて頂いた。

DSC09882

DSC09883

ブラックレザーに赤いステッチがご指定の内容だったので、その様に制作。

(ご利用、ありがとうございました!)

本来、このモデルはアッパー部分は一枚革なので、ステッチは入れないのだけど、
黒糸ではなく、赤いステッチとご希望していたので、
勝手ながら、アッパー部分にもステッチを走らせた。

言葉が通じないって事は、本当に大変である。
お会いして、打ち合わせするのであれば、身振り手振りも出来るだろうが、
メールだけでは、それも叶わない・・・

それでも、精一杯の日本語メールを使って、お取引に応じてくださった。
本当に有難い事です。

(ちょいちょい、謎い日本語文とカタカナ表記の韓国語を放り込んでくださるので、ちょっと不安になる事もあったのだけど・・・)

俺、韓国名のお名前だけでは、女性のお客様なのか?男性のお客様なのか?ってのも良く分かってないのだけど・・・それでも苦手な日本語を使って、お心遣いのある文面も交えながらメールを下さった。

だから、俺も丁寧な仕事で応えたいと思いつつ、制作に取り組んだ。

それでも・・・度胸あるなぁ・・って思う。
大手通販会社とかに注文するんじゃなくて、無名の異国の小さなネットショップに、
しかも、希望が伝わるかどうかも分からないのに、オーダーカメラケースを注文する。

俺なら、欲しくても、諦めてしまう所だと思う・・・

異国から、言葉の壁を越えて、俺の手作りのカメラケースを求めて下さる・・・

本当に感謝しかない。

ありがとうございました!

台風が近づいて来てるので、制作も集中して、早く仕上げた。

発送も完了した。

お客様に気に入って頂ける事を願って・・・



koukoku

mixiチェック Clip to Evernote

昨日の事だが・・・

夕方、夕立と共に雷鳴が・・・

自宅が停電になったとの娘の知らせで、
仕事を早めに切り上げて帰宅・・・

確かに・・・

DSC09872

DSC09873

うちの近所じゅう、真っ暗・・・

ウチの家のすぐ前の電柱で、四国電力の作業員さんらが、既に復旧作業を開始してる様子・・・

DSC09880

投光器とヘッドライトで二人ほどが電柱に登ってる。

電柱の下には、近所のおじいさんらが数人出て来て、作業をしたから見てる・・・

DSC09875

停電から約、1時間半、ようやく電気は復旧したのだけど・・・

今、近づいて来てる台風21号・・・

ニュースで見たけど、905ヘクトパスカルまで成長するらしい・・・

最大瞬間風速は80mだって・・・

ウチのボロ家も、掘っ立て小屋アトリエも、そんなん食らったら、飛んでいくわ!

予報円見ても、絶対、徳島、タダじゃ済まんやろって感じで、オラオラ進んできよる。

困った・・・

めちゃめちゃ心配・・・






mixiチェック Clip to Evernote

今日は珍しく、2本目のブログ・・・

以前、ブログに書いた事があったのだけど、
イタリアのイタリア人のお客様より、カメラケースのオーダーが来た話があった。

結局、その時は、お客様がキャンセルして、お取引は無くなったのだけど・・・

はい!ごめんなさい!
俺は英語が出来ません。

日本語オンリーです。

そのイタリアからのオーダーがあった時は、
何とか販売してみたいと俺も思い、
娘の通ってる塾の英語の先生に英文作ってもらったりして、
お取引を進めてたのだけど、

それだけじゃ済まないじゃない?

海外からのお支払いの受付だの、
海外への発送準備だの・・・

何にも分からない俺にとっては、一から全部調べてお客様に対峙しなきゃならない。

このアトリエは、俺一人で運営してる。

全部手作りだから、材料の調達から制作。
ネットショップの管理、運営。
特注品も販売する機会が多いから、お客様との打ち合わせ。
んで、お客様への販売、発送。

全部コレ、俺一人でやってる訳です。

イタリアからのオーダーも随分時間を掛けて、準備も整えて、
さぁ!販売できますよ!って段階まで来て、
お客様に連絡したら・・・

「オークションで程度の良いオリジナルのケースをアメリカから手に入れたから、
やっぱ、要らない。」

って断られた。

お客様からすれば、勿論、まだ支払いも済ませていないし、
当然、心変わりも、キャンセルする権利もあるんだけどね。

ただ、準備してきた俺からすれば、ホント無駄な作業に時間を費やした事を、
思い知らされただけでね・・・

英文を何度も作ってくれた塾の先生には、読書がお好きな様なので、
お礼にヌメ革のブックカバー作って差し上げたりしてて・・・

ホントに振り回されただけで、一円も得しない商売してるって思った。

インターネットの商売なんだから、海外の人が興味持ってくれるのは、
凄く嬉しい。

でも、それに対応できるスキルが俺にはないのです。

今日、韓国のお客様がカメラケースの問い合わせをくれた。
(韓国の方が英語を使ってね・・)

本当に有難いし、本当に嬉しい。

でもね・・・

日本語しか俺、出来ないので・・・

その英文の問い合わせ内容は、読んで全部理解できた。
でも、英文では返事書けないのよ・・俺。

んで、もう、日本語で返事した・・・

日本語を理解して頂けるのであれば、
出来る限りの事はしますが、
私は英語が出来ないので、
日本語が理解できないお客様への海外販売は出来ません。と・・・

何か・・・お客様に対して、凄く、悪い事したなぁ・・・って思いつつも、
中途半端な対応をして、お客様に迷惑かけるのもイヤだし、
俺自身も、前回の様な苦い思いもしたくないので・・・

ホントに、ごめんなさい!

R7066334

R7063599

タクソナ カメラケース





koukoku

mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ