Phrygian cap & Crown SHOP 雑記

ブログ更新苦手なショップ職人兼店長が、意気込んで最低でも週一で何か書くぞ!と始めたショップブログ。

今年(立春以降)になって、調子が悪い!

何の調子かって・・体調。

立春以降、インフルエンザB、患って、
んで、次は意味不明の結膜炎で目が開けられなくなって、
次は原因不明の熱と下痢・・・
(ちなみにインフルエンザの時以外、病院には行っていない。嫌いだから。)

なんか、ずっと体調を崩してる感じがする今年。

健康運がきっと落ちてるな・・・

もう・・トシ・・なのかな・・・・

先日って、4月1日のエイプリルフールに、
嘘みたいだけど俺、49才で爺さんになっちまったし・・・

まぁでも、仕事だけは、ありがたくも忙しくさせて頂いております。


昨夜は、深夜に少しだけ、桜の写真を撮りに出掛けた。

フッと思いついた様に三脚とデジカメだけ持って飛び出したもんで・・・
良いのがあまり撮れなかったけど・・・

こんな感じ・・・

DSC07746s

ライトアップしてる時間帯で・・・石垣と桜が堀に映り込んで、 これはこれで綺麗。

DSC07757

深夜12時を過ぎて、ライトアップが突然消え、シャッタースピードを30秒にしての一枚。
これもまた自然な感じで良い。

徳島城跡公園にて・・・・


まぁ、一応、今年も花見はできました。


話しは変わって・・・

お客様より、オーダーで制作させて頂いた、ローライフレックス2.8Fの専用ケースが完成した。

DSC07719

ローライフレックスのケースは金具類が特殊で、
今回はオリジナルのケースの金具類を流用させて頂いた。

DSC07726

オリジナルの茶色の革より、黒革のケースが欲しいとのご依頼で、
制作させて頂いた。

DSC07721

黒のヌメと内貼りはピッグレザーのバックスキン。
ステッチも黒。
元は茶色だった金具類も黒に塗装しなおして、
カシメ類は真鍮材のカシメを黒く燻して使用。

DSC07724

今回はカメラ本体はお預かり出来ず、オリジナルケースからの型取りで、
随分慎重に制作させて頂いた。

真っ黒のケースも締まってカッコよいと思う。


続いては、試作で制作していたライカM4用(M2M3 も合うと思う・・)ケース

DSC07766

試作とは言え、製品レベルまで丁寧に仕上げた。

DSC07767

アンティーク調のオイルヌメで制作。

DSC07768

金具類は真鍮製。カシメは今回全く使用せずに制作した。

(ご興味持たれた、M型ライカオーナー様!是非!!)


DSC07772

ライカとローライと・・・
DSC07755
夜桜・・・




koukoku

mixiチェック Clip to Evernote

ちょっと汗ばむくらい暖かい日が続いてる。

もう、春本番だね・・・

俺も、日々、カメラケース制作に追われてる。

桜が咲き終わるころには、この忙しいのも落ち着くんだろうなぁ・・・って思う。

RIMG4170

こんなのや・・

RIMG4165
こんなの・・・

んで、今抱えてる最も大変そうなのが・・・この子・・・

RIMG4198

ローライフレックス2.8Fのケース・・・・

今回は補修とかじゃなく、真新しくケースを作ってくれとのご依頼。

制作にあたっていろいろ準備もあり、たっぷりとお時間は頂いた。
桜が残っているうちに、仕上がるかどうか?

頑張らねば・・・

と言う事で、お堂を作って落ち着く暇もなく、
忙しくしております。


話変わって・・・

先日、お寺に、俺が制作したお堂を納品、設置してきた。

マジ重たいし、大変だった。

DSC07699

池の真ん中に立つお堂・・
人一人が通れるくらいの橋渡って、鳥居をくぐって・・・

DSC07700
ズン!

DSC07701
ズズン!

DSC07702

ジャーン!


これ、俺作った。

高さ160cm。
石の台座から言うと、2m以上ある。設置が大変だった。(義甥っ子と二人掛かり)

木は国産節無し桧材。(贅沢ぅ~)
装飾の真鍮金具類は全部フリジアンキャップ&クラウン製!(笑
釘は全て、腐食防止に銅釘を使い、見えない部分は錆びないステンレスビスを使ってる。

自分自身に徳積み、徳積み、と言い聞かせ、ホントに大変だったけど、丁寧に仕事したつもり。

DSC07703s
裏側。

アクセサリーと革の職人が作ったお堂です。

もう、やりたくない・・・(苦笑


友人宅のお寺だったのだが、設置終わりに、
その友人のお袋さんと少し話をした。

その時、言われた言葉が・・・

「綺麗に作ったなぁ。やっぱり器用な子じゃ。」
「ほなけど、こうやって作って、いろんな人がこのお堂に手を合わせてくれるんじょ。」
「ずーと、残るしな。」
「ほんで、このお堂の経つ場所は昔、このあたりの雨乞いの祈祷にも使われたんじょ。」
「ええ仕事をしたんでよ。」

って、話してくれた。

そうか・・・
このお堂にみんな手を合わせて拝んでくれるって事・・・忘れてた・・・
そして、このお堂が朽ちるまで、俺がこの世から居なくなっても、
ずっとここに建ちつづけてるんだなぁ・・・って思った。

制作・・大変だったけど、なんか、報われた気がした。
















mixiチェック Clip to Evernote

お寺に頼まれたお堂づくりから始まり、
夜な夜な木工作業を約2カ月程続けてきてるが・・・
お堂も完成し、同時に制作していた、写真を飾る額縁も完成した。


DSC07695

額縁の制作風景・・・

DSC07696

塗装の最中。

これら、全部、木の角材から切り出して一から全部作ってる。

それもこれも全部、この写真たちを飾る為・・・

DSC07697

DSC07698


この写真は、友人である写真家、
志摩育美の作品。

ずっと前から、アトリエやショップに写真を飾ってくれないか?と、
図々しくも、おねだりしていた。

彼女はプロとしては、活動していない。
しかしながら、経験値、コンテスト等の実績、経歴、どれをとっても、
そこら辺の「いきなりIam photographer」でプロ活動してる様な奴らとは、
比べ物にならないモノを持っている。

何度かプロとして活動しないのか?と尋ねた事はあるが、
微妙な表情しか見せないので、それ以上あまり突っ込んでいない。

それでも、プロの写真家同様に自分の作品に愛情と誇りを持っている。

本来なら、オリジナルプリントを購入したいと申し出るのが筋ではあるが、
俺の友人としての甘えもあって、今回好意で作品を飾らせてもらった。

だから!

だからこそ!

ちゃんと飾りたいと思った。

額縁もアンティークな雰囲気で制作し、表硝子は、
劣化防止のUVカットのアクリルガラスを使用した。 

今現在、shopの壁に展示しています。
脚を運んでくださった際には是非ご覧くださいませ。

額縁制作に、随分時間が掛かってしまうので、
まだ、展示できていない作品もあるが、

じっくり準備を整えて、飾りたいと思う。


デジカメ、スマホの時代に有って、
こうした銀塩での作品を飾れる贅沢。

画像じゃなくて、本当の写真を楽しむ事。

素敵な事だと思う。









 



mixiチェック Clip to Evernote

一時期よりは、随分暖かく感じるようになった。
春も近いなぁ・・

家の庭に四日ほど前に咲いた桜・・・

DSC07693

早いでしょ?

DSC07694

見た目は木も花も葉もソメイヨシノそっくりなんだけど、
これ、桜ん坊の花。

毎年、ソメイヨシノの開花よりも随分早い今時期に咲き始める。

見た目は桜で花見も出来るし、花の後は美味しいサクランボの実を着けてくれる。

お得なヤツなん。

コイツが咲くと春がすぐそこって感じがする。


んで・・・
本題のカメラケース・・・

今回はライカM4。

まだ制作途中ではあるが、こんな感じ・・・

RIMG4160

カメラのM4は、自前。(俺が唯一持つ、M型ライカ)

今回のコレは試作も兼ねての制作。
まだ、ストラップの取付等、アイデアを絞り出さなきゃならない面もあるが・・・
現在、試行錯誤中。

RIMG4162
雰囲気のある、ビンテージなオイルレザーを使用。

M型ライカのカメラケースの後ろって大体、
フィルムインジケーターの覗き窓を設けてるモノが多いけど・・・

うん・・・

いらねぇんじゃねぇか?って思って付けてない。

RIMG4164

良い形で仕上げたいと思う。



夜な夜な制作していた、お堂は、やっと完成し、
近く、お寺の庭に運び込む。

まぁ、徳が積めたと思って、完成を喜んでる。

んで、今は夜な夜な、写真を飾る為の額縁を作ってたりする。

昼も夜も、相変わらずバタバタやってます。















mixiチェック Clip to Evernote

先月、「もう2月・・・」ってブログ書いてから、
ブログ更新できないまま、もう3月・・・

忙しいのだけど、実を結ぶ事無く、空回るばかりの日々ですよ・・・

準備を重ねて返答申し上げた、イタリアのお客様との商談はなくなるし・・・
他にもいろいろ、お仕事のご依頼、折角、頂いているのだけど・・・
なかなか、前に進まず・・・

そのくせ、仕事以外の仕事に忙殺されてたり・・・


今・・・
実はお堂を作ってる。

そう、お堂。

革雑貨でも、アクセサリーでもない、
そう、お堂。

神仏を外で祀ってる、150cmくらいの高さのあるお堂。

勿論、昼間は、アクセサリーや革をいじってるのだけどね。

夜な夜な、宮大工まがいのフリした、俺みたいなモンが、ノミ片手に、檜のお堂を作ってる。

昨年末に友人(寺の住職)宅に、頼まれてた、クリスマスケーキを作って持って行った時、
外で朽ちつつある、荒神堂の前に連れていかれ、「これを作り直してほしい」と頼まれる。
友人は学生時代からのバンド仲間だし、この寺の檀家でもある俺は、
気持ちよく引き受けたのだ。
(友人も、俺が自分で何でも作ってしまう性分を知ってて頼んできてる。)

まぁ・・結果、本業も忙しくなってたりして、
こっちもなかなか前に進まない。
作り始めて、もうすぐ2カ月が経つ・・・



まぁ・・・

なんだ・・

そんなこんなで・・・

色々手詰まってて・・・

久々のブログ更新は、ボヤキだ・・・

取りあえず、今日の一枚は、昼飯の、俺特製ラーメン。

RIMG4155

旨し!














mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ